スクランブラーにモリワキ仕様!ホンダ「CB150R ExMotion」のバリエーションモデルはコレだ!

ホンダが魅力的な150ccのネイキッド・スポーツ「CB150R ExMotion」をリリースしたことは、数日前にお伝えしました。

カフェレーサーも追って登場!? ホンダのニューモデル「CB150R ExMotion」は今春発表されたコンセプトモデルの市販バージョン!

この過去記事にて、どうやらバリエーション・モデルが追加される見込み、ということも紹介していました。

水冷DOHCエンジンを軽量フレームに搭載!

さて、本題に入る前に、「CB150R ExMotion」について復習しておきましょう。

同車は、高性能な水冷4ストローク150ccのDOHC4バルブエンジンを搭載。

それを搭載するのは、軽量な新開発ダイアモンド・フレームです。

41mm倒立フォークにラジアル4ポットキャリパー、フル液晶ディスプレイの装備などなど、機能パーツ類にも一切の抜かりはありません。

その魅力的な車体構成をカウルで覆うことなくさらけ出したネイキッドスタイルが魅力的なモデル。それが「CB150R ExMotion」でした。

「CB150R ExMotion」のバリエーションはコレだ!

さて、コチラが今回発覚した「CB150R ExMotion Scrambler Cafe」です!派生モデルということでエンジン、車体、機能パーツといった基本構成はベースモデルを踏襲していますが……

専用外装とマフラー、それに”KITACO”ステッカーが貼られたアンダーガードを装備。ヘッドライトにもスクランブラーを主張すべく、ヘッドライト・ガードが装着されています。

よく見ると、(詳細は未発表ですが……)ハンドルバーはアルマイト処理されたアルミ製なのでしょうか?

価格は11万8,400バーツ、1,000台限定で販売されます。

そして、もう1台。待望のカフェレーサー・バージョンがコチラ!「CB150R ExMotion Street Cafe」です。

筆者の希望よりはマイルドですが、ホンダらしい赤白ツートンの専用外装のほか、メーター・バイザーを装備。シートはタンデムは可能ですが、ちょっとソレっぽく仕上げてあります。マフラーは”MORIWAKI”的な形状です。

ハンドルバーがセパレートでないのは残念ですが、彼の地の道路事情を考慮すれば、仕方ないのでしょうか?コチラはお値段13万5,200バーツ、500台限定販売。お値段がスクランブラーより強気なのは何故でしょうか?

「Moriwaki Edition」も登場!

そして最後にもう1台。意表を突く形で登場したのが「CB150R Moriwaki Edition」です!

本モデルは他2車とは異なり外装を含めてベース車両から変更ありませんが、”Moriwaki”マフラーを装備しています。日本人的には、もう少しモリワキ的に仕上げて欲しいところです。残念……

日本への導入に期待したい!

いかがでしたでしょうか?「CB150R ExMotion」のバリエーション・モデル群。

どれもそれぞれに魅力的だと思います。日本への導入に期待したいですね!

参考-A.P. Honda
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。