ホンダのモトクロッサー「CRF250R」と「CRF450R」の2016年モデルが発売

ホンダは、世界各地のレース活動などで培った先進技術を投入した、水冷4ストロークエンジン搭載のモトクロッサー「CRF250R」と「CRF450R」の仕様を一部変更し、2016年モデルとしてそれぞれ9月18日(金)から発売する。

エンジンと足回りが強化された「CRF250R」

ホンダのモトクロッサー「CRF250R」と「CRF450R」の2016年モデルが発売

「CRF250R」の2016年モデルは、エンジンの出力向上を目的に、吸排気系部品の素材変更も含めて見直された。また”PGM-FI”のセッティングを最適化するなど、エンジンの高回転域での出力向上とドライバビリティーの向上を実現している。

ホンダのモトクロッサー「CRF250R」と「CRF450R」の2016年モデルが発売

フロントサスペンションは、フォークの内部構造の見直しに加え、アウターチューブに空気弁を追加。より細かなサスペンションセッティングを可能にするとともに、初期作動性能を向上させ、サスペンションの動きの良さと反力を両立させた。

足回り改良で走行安定性が向上した「CRF450R」

ホンダのモトクロッサー「CRF250R」と「CRF450R」の2016年モデルが発売

「CRF450R」は、さらなる走行安定性の向上を目指し、フロントフォークの全長を5mm延長し、車体姿勢を最適化。さらに、リアサスペンションのセッティングを見直して高いトラクション性能を実現している。

ホンダのモトクロッサー「CRF250R」と「CRF450R」の2016年モデルが発売

スタイリングは、両モデルとも2015年型モデルを踏襲。燃料タンク側面のシュラウドには、ホンダ・レーシングのワークスマシンを彷彿させるストライプが施されている。車体色にはHondaのモトクロスマシン伝統のエクストリームレッドを採用し、躍動感あふれるスタイリングに仕上がっている。

受注期間は2015年8月7日(金)から12月10日(木)までで、価格は「CRF250R」が76万6,800円(税込)、「CRF450R」が90万7,200円(税込)。

主要諸元

ホンダのモトクロッサー「CRF250R」と「CRF450R」の2016年モデルが発売

通称名:CRF250R(CRF450R)

車両重量:105.6kg(110.6kg)

エンジン種類:水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒

総排気量:249.4cc(449.7cc)

燃料タンク容量:6.3L

クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング式

変速機形式:常時噛合式5段リターン

ブレーキ形式:前後油圧式ディスク

軽量化のためにピストンおよびコンロッドを採用するなど、大幅な改良をした「CRF250R」。前後サスペンションの最適化によって、より煮詰まった「CRF450R」。2015年秋からは、モトクロスコースが赤一色に染まるに違いない。

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。