鮮やかと上質感がキモ!ホンダ「PCX」と「PCX150」のニューカラーが良い感じ!

ホンダが「PCX」と「PCX150」の2017年モデルを発表しましたね! 特にニューカラーが注目なのでご紹介しましょう。

PCX&PCX150

「PCX」、「PCX150」は、ヘッドライト、テールランプなどの全灯火器にLEDを採用したスタイリッシュで高級感溢れる外観に、耐久性と静粛性、燃費性能に優れた水冷4ストロークSOHC単気筒エンジン「eSP(イーエスピー)」を搭載。幅広い層のライダーに支持されているスクーター。

今更ながらですが、「PCX」は125cc、「PCX150」は高速にものれる150ccです。

今回、鮮やかな発色でアクティブな印象のクリッパーイエローを設定したほか、

PCXの上質感をより際立たせるツートーンのボディーカラーを施した、キャンディーロージーレッド(ツートーン)と、

ポセイドンブラックメタリック(ツートーン)が設定されました。

ツートーンボディーカラーは、ロアカバーをシルバーとすることで、より精悍な印象としたほか、ボディーカバーに躍動感のあるストライプを施すとともに、レッドのステッチをあしらったツートーン(ブラック×グレー)のシートを採用しています。筆者個人的には、ポセイドンブラックメタリック(ツートーン)が良い感じ!

また、フロントブレーキキャリパーやリアサスペンションスプリング、フロント部のHondaロゴステッカーなど各部にレッドを配してスポーティーなイメージを演出しています。

PCX&PCX150の特徴

スタイリッシュな外観

流麗で伸びやかなフォルムを基調とし、精悍な印象に仕上げた外観デザイン。フロントフェイスには、LEDヘッドライトやラインビーム状のLEDポジションランプを採用し、被視認性を追求するとともに、先進感あふれる表情を演出します。

スタイリッシュな外観

環境性能や日常での扱いやすさを追求したエンジン〈eSP〉を搭載。走行状況に応じて最適な燃料供給を行うPGM-FIを採用しています。

スマホ充電も可能

フロントパネル左側のグローブボックスには、500mlのペットボトルが収納可能。スマートフォンなどが充電できるアクセサリーソケットも装備しています。

シート下には容量25Lの収納スペースを確保していたり、メーターにはデジタル時計や平均燃費・燃料計を表示するセンターディスプレイを配置していたりと、使い勝手は抜群です!

PCX&PCX150のカラーラインアップ

カラーバリエーションは、先に紹介した3色の新色に加えて、従来のパールダークアッシュブルー、パールジャスミンホワイト、ポセイドンブラックメタリックと、全6色の豊富な設定としています。

気になる価格と発売日は?

楽しみな発売日は2月10日(金)。すでに絶賛販売中してますよ!

そして大切な車両本体価格は、

  • 「PCX」32万9,400円(税込)
  • 「PCX(ツートーン)」34万200円(税込)
  • 「PCX150」36万720円(税込)
  • 「PCX150(ツートーン)」37万1,520円(税込)

となっています。

最後に、スペックを掲載しておきましょう。

PCXのスペック

  • 全長×全幅×全高:1,930×740×1,100mm
  • ホイールベース:1,315mm
  • シート高:760mm
  • 車両重量:130kg(131kg)
  • エンジン種類 / 弁方式:空冷4ストローク単気筒 / SOHC2バルブ
  • 総排気量:124cc(156cc)
  • 内径×行程:52.4×57.9mm(58.0×57.9mm)
  • 圧縮比:11.0(10.6)
  • 最高出力:8.6kW[12Ps] / 8,500rpm(10kW[14Ps] / 8,500rpm)
  • 最大トルク:12N・m[1.2kgf・m] / 5,000rpm(14N・m[1.4kgf・m] / 5,000rpm)
( )カッコ内はPCX150

参考 – ホンダ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。