新型250ccスポーツに3輪スポーツなど、ホンダが東京モーターショー2015で発表するバイクまとめ

ホンダは、東京ビッグサイトで開催される「第44回東京モーターショー2015」(プレスデー:10月28日〜29日、一般公開日:10月30日〜11月8日)に、コンセプトモデルを含む四輪車・二輪車などを出展する。

今回は、そんな同社が発表する二輪車の出展概要にスポットを当ててご紹介したい。

Light Weight Super Sports Concept(コンセプト)

新型250ccスポーツに3輪スポーツなど、ホンダが東京モーターショー2015で発表するバイクまとめ

<ワールドプレミア>

存在感をキーワードに、ロングノーズで低く構えたクラウチングスタイルにより、スピード感のあるたたずまいを備えた次世代のスーパースポーツコンセプト。硬く、かたまり感のある面構成とシャープなエッジの組み合わせでアグレッシブさを強調するとともに、マットブラックをベースにしたローコントラストのグラフィックで構成されたエクステリアは、フォルムの美しさと迫力を表現している。

NEOWING(コンセプト)

新型250ccスポーツに3輪スポーツなど、ホンダが東京モーターショー2015で発表するバイクまとめ

<ワールドプレミア>

大型二輪車と同様のコーナリングフィールを楽しめるスポーティーな走りと、低速走行時の安定感を両立した、これまでにないスポーツハイブリッド三輪車。トルクフルで力強い加速を生む水平対向4気筒エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載。前輪に独自のリンク機構を採用し、二輪車の持つメカニカルな魅力を強調した先進感あふれるスタイリングを備えた、新価値を提案するコンセプトモデルだ。

EV-Cub Concept(コンセプト)

ホンダの名車「カブ」が遂に電動に!ホンダ「EVカブ」が世界初公開【東京モーターショー2015】

<ワールドプレミア>

初代スーパーカブから続く「扱いやすく経済的な二輪車」という考えを継承した近距離移動用パーソナルコミューター。重量部品であるバッテリーを車体中央の低位置に配置し、優れた乗降性を確保するとともに、マスの集中化と低重心化を図り、取り回しやすさを追求。家庭用コンセントで充電可能なことに加えて、バッテリー自体が着脱可能で、より幅広いシチュエーションでの使い勝手に配慮している。

「EVカブ(コンセプト)」および「新型スーパーカブ(コンセプト)」の詳細はこちら『ホンダの名車「カブ」が遂に電動に!ホンダ「EVカブ」が世界初公開【東京モーターショー2015】

Concept CB(コンセプト)

新型250ccスポーツに3輪スポーツなど、ホンダが東京モーターショー2015で発表するバイクまとめ

<ワールドプレミア>

GROM50 Scrambler Concept-One(コンセプト)

新型250ccスポーツに3輪スポーツなど、ホンダが東京モーターショー2015で発表するバイクまとめ

新型250ccスポーツに3輪スポーツなど、ホンダが東京モーターショー2015で発表するバイクまとめ

新型250ccスポーツに3輪スポーツなど、ホンダが東京モーターショー2015で発表するバイクまとめ

<ワールドプレミア>

GROM50 Scrambler Concept-Two(コンセプト)

新型250ccスポーツに3輪スポーツなど、ホンダが東京モーターショー2015で発表するバイクまとめ

新型250ccスポーツに3輪スポーツなど、ホンダが東京モーターショー2015で発表するバイクまとめ

新型250ccスポーツに3輪スポーツなど、ホンダが東京モーターショー2015で発表するバイクまとめ

<ワールドプレミア>

CB1300SUPER BOL D’ORカスタマイズコンセプト(コンセプト)

新型250ccスポーツに3輪スポーツなど、ホンダが東京モーターショー2015で発表するバイクまとめ

新型250ccスポーツに3輪スポーツなど、ホンダが東京モーターショー2015で発表するバイクまとめ

<ジャパンプレミア>

CB400SUPER BOL D’ORカスタマイズコンセプト(コンセプト)

新型250ccスポーツに3輪スポーツなど、ホンダが東京モーターショー2015で発表するバイクまとめ

新型250ccスポーツに3輪スポーツなど、ホンダが東京モーターショー2015で発表するバイクまとめ

<ジャパンプレミア>

CB1100カスタマイズコンセプト(コンセプト)

新型250ccスポーツに3輪スポーツなど、ホンダが東京モーターショー2015で発表するバイクまとめ

新型250ccスポーツに3輪スポーツなど、ホンダが東京モーターショー2015で発表するバイクまとめ

<ジャパンプレミア>

いかがだっただろうか。

特に注目はブラックの外装を身に纏ったコンセプトモデル「ライトウェイト・スーパースポーツ」、3輪スーパースポーツのコンセプトモデル「NEOWING」、ついに電動化した「EVカブ」あたりであろう。

それ以外にも、グロムのスクランブラーや、新型ボルドール、新型CBなど、ホンダらしい前衛的なモデルばかりだ。

これだけ注目度の高いコンセプトモデルが目白押しの中、期待するなという方が無理な話であろう。今年も東京モーターショーが楽しみでたまらない!

参考 – HONDA

上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。