ホンダ・レーシングが市販トライアルマシン「RTL300R」を発売

ホンダ・レーシング(HRC)は、「Cota300RR」のエンジンを「RTL260F」に搭載した市販トライアルマシン「RTL300R」を2016年2月下旬より全国のHRCサービスショップにて発売すると発表した。

市販トライアルマシン「RTL300R」を発売

「RTL300R」とは、2008年から販売してきた「RTL260F」の排気量を288ccにアップさせたトライアルマシンだ。

今回のモデルは新たなRTLの販売を望むユーザーの声に応えたもので、2015年9月に「モンテッサ ホンダS.A.」から発売した「Cota300RR」で使用したエンジンを「RTL260F」の車体に搭載させたモデルとなっている。

スタイリングはRepsol Honda Teamのワークスマシンをイメージ

「Cota300RR」に搭載されていた288ccエンジンを搭載することで、よりトルクフルでパワフルな出力特性を実現。また、スタイリングはFIMトライアル世界選手権シリーズを戦うレプソルホンダチームのワークスマシンをイメージしているという。

なお、カラーリングは市販レースモデルということもあり、ホワイトが基調となっている。メーカー希望小売価格は119万3,400円(税込)。また、「RTL300R」はレース専用モデルのため、一般公道での走行はできないので、そこだけは注意しよう。

SPEC

通称名:RTL300R

全長×全幅×全高 (mm):2,010×830×1,130

軸距 (mm):1,320

最低地上高 (mm): 335

シート高 (mm): 650

キャスター角:23°00´

車両乾燥重量 (kg):72.9

燃料タンク容量 (L): 1.9

エンジン型式:水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒

総排気量: 288cc

内径×行程 (mm):80.0×57.2

最高出力 (kW〔PS〕/rpm): 16.3〔22.2〕/7,000

最大トルク (N・m〔kg・m〕/rpm): 26.4〔2.69〕/4,000

圧縮比:10.5:1

変速機形式:常時噛合式

変速比:1速 2.800(42/15T)

変速比:2速:2.385(31/13T)

変速比:3速:2.000(30/15T)

変速比:4速:1.273(28/22T)

変速比:5速:0.815(22/27T)

減速比(1次/2次): 3.167(57/18T)/4.100(41/10T)

ギヤシフトパターン:1-N-2-3-4-5(1ダウン4アップ)

燃料供給形式:PGM-FI φ28

点火形式:フルトランジスタ

クラッチ形式:油圧、湿式多板

潤滑方式:圧送式、ウェットサンプ

タイヤサイズ 前:DUNLOP D803F 2.75-21 M/C 45M

タイヤサイズ 後:DUNLOP D803 4.00 R18 M/C 64M(チューブレスタイプ)

ブレーキ形式 前:油圧式シングルディスク φ183.5

ブレーキ形式 後:油圧式シングルディスク φ150

懸架方式 前ブレーキ形式 前:テレスコピック式

懸架方式 前ブレーキ形式 後:プロリンク

フレーム形式:アルミツインチューブ

参考 – Honda

上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。