ライトウェイトシングル!ヤマハのインド向けニューモデル「FZ25」はエンジンに注目だ!

ヤマハがインド向けとして発表したニューモデル「FZ25」。彼の地で人気の「FZ」シリーズ(150cc)の上級バージョンのですが、そのエンジンが要注目なのです!

FZ25とは?

コレが「FZ25」。走りの楽しさと燃費・環境性能の両立を具現化する”BLUE CORE”の250cc新エンジンを搭載したストリートモデルのニューモデルです。2017年2月からインド市場で発売されています。

主な特徴は以下のとおりです。

  1. 街中での実用領域で優れた走行性能を実現するトルクフルなFI搭載単気筒エンジン
  2. 意のままに操る喜びを体現する148kgの軽量ボディ
  3. 先進性をアピールするLEDヘッドライトおよびLCDメーター

デザインは、アスリートのたくましい筋肉をイメージソースに、マスフォワード感やダウンフォース感を重ねたスタイル。製造・販売はヤマハのグループ会社 IYM(India Yamaha Motor Pvt. Ltd.)が行います。

FZ25の注目ポイントはエンジンだ!

本モデルの注目ポイントは、なんといっても新開発の”BLUE CORE”250cc単気筒エンジンを搭載しているという点です。

そもそもBLUE CORE エンジンとは、(1)高効率燃焼、(2)高い冷却性、(3)ロス低減 の3点を徹底的に追求した、次世代の高性能小型エンジンのこと。2014年8月にベトナムで発売したスクーター「Nozza Grande」に初搭載されたエンジンは、2008年同社モデル比で50%も燃費を向上させていました。

日本には、この「NMAX」用125ccが投入されたのを皮切りに……、

ちょうど先日販売が開始された「Tricity 155」にも搭載されていますが、筆者の知る限り、スポーツモデルへの”BLUE CORE”エンジン搭載は初めてのこと。

この250cc新エンジンが日本にも入ってきたとしたら、「ライトウェイト・シングル」というマニアックなジャンルが盛り上がるかも知れません。これは楽しみです!

FZ25投入の背景は?

最後に、本モデルがインド市場に投入された背景をご紹介しておきます。

そもそもインドの二輪車市場は年間1,800万台(ヤマハ推定)と世界最大規模であり、その6割が100cc~150ccのモーターサイクルです。

ヤマハが2008年に導入した「FZ」(150cc)や2014年導入の「FZ‐FI」(150cc)といったFZシリーズは、インド市場では比較的高価格カテゴリーの製品ですが、若いユーザーの支持を得て、発売以来の累計販売が130万台を超える人気モデルとなっています。

近年は、彼の地の所得水準の向上に伴い、インド二輪車市場では高価格帯が拡大傾向です。こうした背景を踏まえ、ヤマハは「FZ25」の導入により、「FZ」シリーズのラインアップを充実させ、ハイエンドカテゴリーでさらなる販売拡大を目指すそうです。

面白いモデルや魅力的な新エンジンの投入が海外で行われるのは少し残念ではありますが、きっと日本にも投入してくれることでしょう。今から楽しみにしておきます!

参考 – ヤマハIndia Yamaha Motor Pvt. Ltd
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。