Indianがフラットトラックレーサー「Scout FTR750」を5万ドルで受注開始!?

アメリカの老舗モーターサイクルメーカー「Indian Motorcycle(インディアンモーターサイクル)」が、60年ぶりにフラットトラッックレースに復帰したニュースは以前お伝えした通りです(「市販希望!Indianが完全新設計のレーサー「Scout FTR750」でフラットトラックに復帰!」参照)。

参戦マシンは完全新設計の「Scout FTR750」

750ccの水冷VツインDOHCエンジンを、独自形状のセミダブルクレードル風フレームに搭載。タンクやシートカウルなどはカーボン製を採用し軽量化。前後サスペンションにはオーリンズ製を採用し、足まわりも武装。トラディッショナルなダートトラックレーサー的フォルムに最新技術をミックスした、超絶かっこいいマシンです。

ワークスチームは全18戦に参戦

2017年もAMAのフラットトラックレース全18戦に参戦する予定。スケジュールは以下の通りです。

  • 01 April –  Charlotte Half-Mile – Charlotte Motor Speedway – Concord, N.C.
  • 13 May –  Arizona Mile – Turf Paradise – Phoenix, Ariz.
  • 20 May –  Sacramento Mile – Cal Expo Fairgrounds – Sacramento, Calif.
  • 27 May –  Springfield Mile I – Illinois State Fairgrounds – Springfield, Ill.
  • 28 May –  Springfield Mile I – Illinois State Fairgrounds – Springfield, Ill.
  • 03 June –  Red Mile – The Red Mile – Lexington, Ky.
  • 17 June –  OKC Mile – Remington Park – Oklahoma City,
  • 24 June –  Lima Half-Mile – Allen County Fairgrounds – Lima, Ohio
  • 08 July –  Rolling Wheels Half-Mile – Rolling Wheels Raceway Park – Elbridge, N.Y.
  • 29 July – Calistoga Half-Mile – Calistoga Speedway – Calistoga, Calif.
  • 06 August –  Buffalo Chip TT presented by Indian Motorcycle – Buffalo Chip Campgrounds – Sturgis, S.D.
  • 08 August –  Black Hills Half-Mile – Black Hills Speedway – Rapid City, S.D.
  • 13 August –  Peoria TT – Peoria Motorcycle Club – Peoria, Ill.
  • 02 September –  Springfield Mile II – Illinois State Fairgrounds – Springfield, Ill.
  • 03 September –  Springfield Mile II – Illinois State Fairgrounds – Springfield, Ill.
  • 09 September –  Williams Grove Half-Mile – Williams Gove Speedway – Mechanicsburg, Pa.
  • 23 September –  Lone Star Half-Mile – Texas Motor Speedway – Fort Worth, Texas
  • 07 October –  SEASON FINALE. Perris Short Track – Perris Auto Speedway – Perris, Calif.

ライダーは、左から“Flin”Byan Smith、Brad“The Bullet”Baker、Jared“Jammer”Meesの3名。

フラットトラックレースで輝かしい戦績を持つだけでなく、エクストリーム競技の最高峰「X Games」でゴールドメダルも獲得している、蒼々たるメンバーたちが参戦します。

市販マシンもディーラーで受付

しかも、今年はそれだけではなさそうです。アメリカのWEBメディア「NEW ATLAS」によると、どうも昨年からウワサされていた市販化も実現しそうなのです。メーカーでは、まだ市販マシンの予定生産台数などは発表していないものの、購入に興味があるユーザーは、アメリカ全土にあるIndianディーラーにコンタクトするようにアナウンスしているようです。

気になるお値段は……

注文したユーザーへのデリバリー時期も未定ですが、今年のAMAフラットトラック・シーズンの第3四半期以降のレースに出場できるタイミングになるとのことです。そして、気になるお値段ですが「NEW ATLAS」の予想では……5万ドル(約555万円)!

生粋のレーシングマシンが手に入るとなれば、案外安いのかも? Indianのレーシングマシンがアメリカのレースシーンを席巻する日が来るかもしれませんね。

参考-Indian opens up new race-ready flat tracker to the public(NEW ATLAS),Indian Motorcycle
平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。