スポーツカーと電気自動車との融合!「ジャガー I-PACE eTRORHY」で次世代の電気自動車を追え!

2019年の前半に発売予定となっている「I-PACEコンセプト」。

この車は、コンセプトカーではなくジャガー初となる量産型ピュアEVモデル。

電気自動車として開発がすすめられ、ジャガーのもつパフォーマンスを実現した注目のSUVです。

世界10都市を巡る「ジャガー I-PACE  eTRORHY」

ジャガーは2016年から、FIAフォーミュラEチャンピオンに参戦し、電気自動車におけるドライビングを追求しています。さらに2018年には、世界初のバッテリー式量産電気自動車の国際レースを立ち上げ活動。「ジャガー  I-PACE  eTRORHY」は、統一された仕様で戦う公道レースで世界10都市を巡ります。

レースでは、スペシャルビークルオペレーションズ(SVO)チームによって設計から開発、組み立てが行われ、高速走行のテストだけでなく未来のピュアEVテクノロジーの革新に向けて、新たな電気自動車の開発が進められています。

初のピュアEV!100㎞ / h到達まで約4秒!

ジャガーにとって初となるピュアEVには、圧倒的なトルクと先進のAWDシステム、エアロダイナミックデザインを採用。

「I-PACEコンセプト」は、700Nmのトルクと2台のモーターによって400psのパワーを誇り、時速100㎞に到達するまでに約4秒と驚異的な速さを実現しています。

ボディは、電気自動車として新たに設計、開発されたアルミニウム構造によって、レスポンスに優れた快適な加速を実現しています。

さらに、2つのモーターで駆動する高性能のAWDシステムを搭載し、スポーツカーのようなドライビングを楽しみつつ、どんな道路状況にも対応できる走行性能が確保されています。

これならどこへでも行ける!驚異のハイテクリチウムバッテリー!

バッテリーには、90kWhの容量をもつハイテクリチウムイオンバッテリーを使用し、1回の充電で走れる航続距離は500㎞。50kWのDC急速充電の採用によって、1時間30分ほどで80%の充電を可能にしています。

ディスプレイにも先進のテクノロジーを搭載。センターコンソールにあるタッチスクリーン、ステアリングホイール後方に車両の情報が表示されます。さらに、フルカラーのヘッドアップディスプレイによって、走行中必要な情報をフロントガラスに映し出すこともできます。

最先端技術を投入したジャガーの「I-PACEコンセプト」。

「ジャガー I-PACE eTRORHY」は、未来の電気自動車の性能が楽しめることもあり、今後のレース展開にも注目が集まりそうですね。

「I-PACEコンセプト」のスペック

全長×全高×全幅:4,680mm×1,560mm×1,890mm(欧州仕様)

内装(5人乗り)

リアラゲッジスペース:530L

フロントラゲッジスペース:36L

参考-jaguar
smile

smile

楽しいとおもえる時間や空間が好き。趣味はバイクで自由気ままに走ること。車・映画・音楽・ファッション。色んな視点から走る楽しさを伝えていきたい。