国内販売決定!カワサキの2017年モデル3車種を一挙公開!

「Ninja H2 Carbon」で注目が集まったインターモトでのカワサキ。

あまりの衝撃に当他モデルのご紹介が遅れてしまいましたが、今回は国内販売がアナウンスされた3モデルをご紹介しましょう!

Ninja 1000 ABS

メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー

キャンディバーントオレンジ×メタリックカーボングレー

国内では250ccクラスはスーパースポーツ・モデル、それに400ccクラスは高速ツアラーとして、それぞれ独自ジャンルをけん引しているNinjaシリーズ。

2017年からは新たに、「Ninja 1000 ABS」の国内販売が決まりました! カラーラインナップはタイトル画像のキャンディライムグリーン×メタリックカーボングレーのほか、メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー、キャンディバーントオレンジ×メタリックカーボングレーの計3色。

Ninjaシリーズ最大排気量モデルは、スーパースポーツさながらの動力性能と高速ツアラーの快適性を併せ持つユニークなモデル。販売開始が楽しみです!

Z 1000 ABS

メタリックスパークブラック×ゴールデンブレイズドグリーン

Ninja 1000 ABSのネイキッド・バージョンであり、充分過ぎるパフォーマンスと個性的なストリートファイター的なルックスが魅力の「Z 1000 ABS」も国内販売されます!

カラーは上のカワサキカラーと、もう1色。

キャンディバーントオレンジ×フラットエボニー

ヤマハからはMT-09のモデルチェンジと「MT-10 SP」のリリースが発表されており、このジャンル全体の盛り上がりにも期待が高まります!

Ninja 650 ABS

ライムグリーン×エボニー

最後にご紹介するのは、「Ninja 650 ABS」。丁度良いと言うには充分過ぎるほどパワフルかつコンパクトなパラツインズエンジンが好評のモデルです。

メタリックスパークブラック

キャンディバーントオレンジ

パールブリザードホワイト

4カラーと豊富なラインナップから、ヨーロッパでの人気の高さが伝わって来ます!

国内モデルの発表は近日か?

ここで掲載した2017年モデルは、あくまでもヨーロッパ仕様。ですので日本仕様では多少の違いはあると思いますが、ご興味のある方は参考にしていただけたらと思います。

国内モデルのリリースが出ましたら、続報としてご紹介いたしましょう!

参考 – カワサキ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。