65~450ccまでカワサキ「KX」シリーズの2018年モデル6車種を一挙公開!

カワサキがモトクロッサー「KX」シリーズの2018年モデル6車種を一挙に発表しました!

昨年も類似記事を掲載しましたが……

カワサキの2017年ミニモトクロッサー全モデルを2分で学ぶ!

コレは年に一度の恒例行事。定点観測的に、2018年モデルと共にシリーズを復習しておきましょう!

「KX250F」はモデルチェンジ!

2018年モデルの注目は、タイトル画像としても掲載した「KX250F」。唯一、モデルチェンジを受けています。

ファクトリーマシンからフィードバックされた先進の技術を搭載した「KX250F」。エンジンは全回転域でパワーとトルクを向上。更なるラップタイムの短縮に貢献します。また、サスペンションセッティングを変更し優れた衝撃吸収性と作動性を実現。コーナー新入時のブレーキングから加速時までの安定性を高めています。

デュアルインジェクターやダウンドラフト構造の吸気ラインの採用、加えてレース活動で培ったチューニングやブリッジド・ボックス・ボトム・ピストンなどの高性能パーツにより、高出力とスムーズなパワーデリバリーを実現します。

2017年モデルからの変更点はエンジンが中心です。

  • フューエルポンプ燃圧変更
  • インジェクター搭載角度変更
  • フューエルインジェクションセッティング最適化
  • 吸気ダクト形状変更及びファンネル管長短縮
  • 吸気バルブタイミング進角
  • 圧縮比最適化
  • エキゾーストパイプ大径化及び管長延長

シャーシでは、上述の通り、サスペンションセッティングが変更を受け、カラー&グラフィックも2018年モデルに変更されました。

「表彰台のトップにライダーを送り込む」というカワサキの設計理念がふんだんに盛り込まれまた1台とされています。

車両本体価格(消費税込み)は、77万2,200円です。

「KX250F」のスペック

  • 全長×全幅×全高:2,172×825×1,270mm
  • 軸間距離:1,478mm
  • シート高:945mm
  • 車両重量:104.8kg

「KX65」2018年モデル

6速ミッションを装備した本格的なキッズモトクロッサー「KX65」。上級モデルのスタイルをそのまま凝縮したアグレッシブなデザインと高い走破性は、多くのキッズライダーたちから高い評価を受けています。

高い信頼性と耐久性を持つ排気量64ccの2ストロークピストンリードバルブ単気筒エンジンは、パンチのある高回転域でのパワー特性と扱いやすさを両立。ハードな走行にも耐えられるよう、車体には本格的なセミダブルクレードルフレームや、伸側減衰力の調整機構を持つ前後サスペンションを採用しています。

2018年モデルでは、上級モデルと同イメージのカラー&グラフィックを採用。その本格的なスタイリングをさらに引き締めています。車両本体価格(消費税込み)は、30万4,560円です。

「KX65」のスペック

  • 全長×全幅×全高:1,590×760×955mm
  • 軸間距離:1,120mm
  • シート高:760mm
  • 車両重量:60kg

「KX85」「KX85-II」2018年モデル

「KX85」2018年モデル

「KX85」・「KX85-II」は、軽量で高い剛性を誇るペリメターフレームに84ccのパワフルな2ストロークエンジンを搭載。インナーチューブ径36mmの倒立フロントフォーク、ユニ・トラックリヤサスペンションなど充実した装備との組み合わせは優れたパフォーマンスを発揮します。

ハンドルバーは6つのポジションに調節が可能。ライダーの好みに応じて選択出来るようになっています。さらに人間工学を取り入れたボディワークは快適な乗り心地と操作性を両立しています。

「KX85-II」2018年モデル

「KX85」は、フロント17インチ、リヤ14インチです。フロント19インチ、リヤ16インチの大径ホイールを採用した「KX85‐Ⅱ」も同時にラインナップしています。

2018年モデルでは、上級モデルと同イメージのカラー&グラフィックを採用しています。車両本体価格(消費税込み)は、「KX85」が36万9,360円、「KX85-II」が38万0,160円です。

「KX85」のスペック

  • 全長×全幅×全高:1,830×765×1,100mm
  • 軸間距離:1,265mm
  • シート高:830mm
  • 車両重量:75kg

「KX85-II」のスペック

  • 全長×全幅×全高:1,920×765×1,150mm
  • 軸間距離:1,310mm
  • シート高:870mm
  • 車両重量:77kg

「KX100」2018年モデル

ファクトリーマシンをイメージした本格派ファンライド・モデルが「KX100」です。

「KX85」・「KX85‐Ⅱ」に比べて、よりパワフルなエンジンを搭載。インナーチューブ径36mmの倒立フロントフォーク、ユニ・トラックリヤサスペンションなど充実した装備との組み合わせは、優れたパフォーマンスを発揮します。

ハンドルバーは6つのポジションに調節が可能。ライダーの好みに応じて選択出来るようになっています。さらに人間工学を取り入れたボディワークは快適な乗り心地と操作性を両立しています。

2018年モデルでは、上級モデルと同イメージのカラー&グラフィックを採用。車両本体価格(消費税込み)は、40万1,760円です。

「KX100」のスペック

  • 全長×全幅×全高:1,920×765×1,150mm
  • 軸間距離:1,310mm
  • シート高:870mm
  • 車両重量:77kg

「KX450F」2018年モデル

カワサキのモトクロッサー「KX450F」2017年モデルがマイナーチェンジして熟成された!

2016年モデルでビッグマイチェンを、2017年モデルでは熟成を図るマイナーチェンジを受けていた「KX450F」についても昨年ご紹介しましたが……

2018年モデルはカラー&グラフィックの変更のみとされています。本モデルも復習しておきましょう。

先進技術とファクトリースペックを搭載した「KX450F」。「表彰台の頂点に立つ」を設計概念に開発され、それは40年以上経った今でも揺るぎません。

オフセットシリンダーを採用した水冷4ストローク449cc単気筒エンジンは低回転域から高回転域まで強力なパワーを発生。スロットルを開けた瞬間から優れたレスポンスを実現します。車両重量は108.8kgと非常に軽量。俊敏なハンドリングと優れたパフォーマンスを獲得しています。

SFF(セパレートファンクションフロントフォーク)-Air TACを装備。高い衝撃吸収性を持ち最適なセッティングを可能にしています。スリムな車体に、パワフルなエンジン、最新のテクノロジーを組み合わせ、優れた運動性能を発揮。数々のAMAタイトル獲得の事実は、「KX」の真の実力を証明しています。

2018年モデルの車両本体価格(消費税込み)は92万6,640円です。

「KX450F」のスペック

  • 全長×全幅×全高:2,195×820×1,280mm
  • 軸間距離:1,495mm
  • シート高:950mm
  • 車両重量:108.8kg

2018年モデルの発売日は?

いかがでしたでしょうか?2018年モデル6車種のなかで、変更を受けたのは250ccモデルでしたが、あらためて全サイズを並べてみると、その違いを知れて、それはそれで面白いものですね。

発売日は2017年7月1日を予定していますので、ご興味を持たれた方は楽しみにしてくださいね!

参考-カワサキ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。