カワサキのモトクロッサー「KX450F」2017年モデルがマイナーチェンジして熟成された!

カワサキから、モトクロッサー「KX450F」2017年モデルが7月1日に発売されます。

常に先進技術とファクトリースペックを搭載してきたKX450F。スリムな車体とパワフルなエンジンの組み合わせで優れた性能を獲得。ファクトリー・モデルは数々のAMAタイトルを獲得しています。

さらに磨きがかかった「KX450F」2017年モデル

s_17KX450H_GN1DLS00D_C

s_17KX450H_GN1DRS00D_C

2017年モデルのリリースに伴い旧モデルとなる2016年モデルは、前年から大きな変更を受けていました。車両重量が3kg以上も軽量化され、またエンジンも改良されて出力が向上していました。

この2017年モデルでは昨年の大変更を受けて、さらなる熟成が図られています。

s_17KX450H_GN1FEGA2CG

まずはエンジン。2016年モデルでは、インテークポートとバルブの変更に加え、オフセットシリンダーを採用して高出力を果たしていました。2017年モデルでの変更はありません。

s_17KX450H_GN1FHAA00D

2017年モデルでは、ステアリングステムが変更となっています。

s_17KX450H_GN1FSAA00D

s_17KX450H_GN1FSAC00D

2017年モデルでは、フロントフォークのバルブセッティングと、リヤサスペンションのバルブセッティングとスプリングが変更されています。

2016年モデルとの比較

2016年モデルと2017年モデルのスペック表を比較してみました。

  • 全長×全幅×全高は前年モデルから変更なく2,195mm×820mm×1,290mm
  • ホイールベースも1,495mmと変更なし
  • 最低地上高は2016年モデルの345mmから335mmと10mm低くなっています
  • シート高も2016年モデルの960mmから950mmと10mm低くなっています
  • キャスター / トレールは2016年モデル28.0°/125mmから、28.20°/126mmへ変更
  • ホイールトラベルは2016年モデルの前310mm / 後315mmから前後305mmに変更
  • エンジン関連は変更なく、トランスミッションのギア比も前年を踏襲

そして車両本体価格も、前年モデルとお値段据え置きの92万6,640円(税込)。発売日は前記の通り7月1日です。

軽量化・高出力化された2016年モデルから、さらなる熟成が図られた2017年モデルとなっています。モトクロッサーの買い替えを検討中の方は、候補に入れてみてもよいのではないでしょうか。

参考 – カワサキモーターモータースジャパン

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。