発売日と価格が決定!カワサキ「Ninja 650」&「Z650」2018年モデルは名前も微妙に変更!

パフォーマンスと実用性、それに価格のバランスが実に絶妙な650ccクラスは、カワサキは、コストパフォーマンスと耐久性に優れた並列ツインエンジン・モデルをプッシュしている650ccクラス。リッターバイクが市場を席巻してからも、通好みの渋いモデルが脈々と市販されてきました。

特にここ数年は国内メーカーが650ccクラスに力を入れておりまして……

650ccクラスに盛り上がりの兆候!? ホンダ・CBR650とCB650Fがモデルチェンジ!カワサキ・Z 650は国内販売決定!

どっちが買い!? スズキ「SV650 ABS」vs ヤマハ「MT-07 ABS」ガチンコ比較!

モデルチェンジばかりでなく、各社からニューモデルもリリースされています。

今回は、そんな密かに盛り上がりつつある650ccに属するカワサキ「Ninja 650」と「Z650」の国内発売日と価格が遂に公式発表されましたので、改めてご紹介しましょう!

カワサキ「Ninja650」2018年モデル

コチラが今回発表された「Ninja650」の2018年モデル。2017年モデルについては、「Ninja650 ABS」として当サイトでも紹介していました。

2018年モデルですが、前年からの変更はカラー&グラフィックのみですが、あらためてご紹介しておきます。

軽快かつエキサイティングな走りが楽しめる「Ninja 650」。シャープでアグレッシブなデザインはNinjaシリーズを象徴するスポーティなイメージを創出します。

2017年モデルのエンジン

搭載するのは耐久性に定評のある。650ccパラレルツインエンジン。低中速回転域で力強い加速とダイレクトなスロットルレスポンスを発揮。ビギナーからベテランまで幅広く親しみやすいキャラクターです。

最高出力は50kW(68PS)/ 8,000rpm、最大トルクは65N・m(6.6kgf・m)/ 6,500rpmです。

2017年モデルの車体

完全新設計のシャーシは軽量な高張力鋼製のトレリスフレームとスイングアームにより、俊敏なハンドリングを実現します。

車両重量は193kgと、まずまず軽量と言えましょう。

2017年モデルのフロントフォーク&ブレーキ

フロントフォークは、優れたハンドリングと快適性を実現するφ41mmの正立テレスコピック。

フロントブレーキは、ニッシン製のデュアルピストンキャリパーとφ300mmのペタルディスクの組み合わせ。

いずれもエンジン性能に見合った仕様と言えます。

2017年モデルのリアショック

リヤサスペンションには、プリロード調整が可能なホリゾンタルバックリンク式を採用しています。

2017年モデルのリアブレーキ

リアブレーキは、φ220mmのペタルディスクと、フロントと同じくニッシン製キャリパーを採用しています。

カラーラインアップは、ここに掲載した”キャンディプラズマブルー×エボニー”と”メタリックスパークブラック”の2色です。

「Ninja 650」2018年モデルのスペック

  • 全長×全幅×全高:2,055×740×1,135mm
  • ホイールベース:1,410mm
  • シート高:790mm
  • 車両重量:193kg
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク並列2気筒 / DOHC4バルブ
  • 総排気量:649cc
  • 内径×行程:83.0×60.0mm
  • 圧縮比:10.8
  • 最高出力:50kW(68PS)/ 8,000rpm
  • 最大トルク:65N・m(6.6kgf・m)/ 6,500rpm

カワサキ「Z650」2018年モデル

続いては、「Ninja 650」と同時に発表された「Z650」の2018年モデル。コチラも「Ninja 650」と同じように、モデル名から”ABS”が外されています。

実はコレ、カワサキの方針でして、「2018年モデルよりABS装着車はモデル名称から“ABS”を除いて表記する、とのこと。今後は、例えば「Ninja 1000ABS」は、2018年モデルから「Ninja 1000」と表記されます。

気軽に乗れる扱い易さと優れたスポーツ性能を両立したミドルクラスのスーパーネイキッド「Z650」。軽量でスリムなフレームは軽快なハンドリングに貢献。パワフルな649ccパラレルツインエンジンは低中速回転域での豊かなトルクと高速回転域でのスムーズな吹け上がりを獲得しています。

スーパーネイキッドZの誇る五感を刺激する乗り味、「Sugomi」パフォーマンスと先鋭的な車体形状の「Sugomi」デザインを継承。エキサイティングでありながら親しみ易さも加味したパッケージがライダーを魅了します。

コチラも2017年モデルからの変更点はカラー&グラフィックのみとなります。

「Z650」2018年モデルのスペック

  • 全長×全幅×全高:2,055×775×1,080mm
  • ホイールベース:1,410mm
  • シート高:790mm
  • 車両重量:187kg
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク並列2気筒 / DOHC4バルブ
  • 総排気量:649cc
  • 内径×行程:83.0×60.0mm
  • 圧縮比:10.8
  • 最高出力:50kW(68PS)/ 8,000rpm
  • 最大トルク:65N・m(6.6kgf・m)/ 6,500rpm

気になる価格と発売日は?

さてさて、カラー&グラフィックの変更が施された「Ninja 650」&「Z650」の2018年モデル。気になる車両本体価格(消費税込み)は……

  • Ninja 650:807,840円
  • Z650:78万6,240円

とされています。必要充分以上のパフォーマンスであることを考慮すると、かなりお買い得な車両ではないでしょうか?

発売予定日は、2017年8月1日とされています。気になった方は、カワサキ正規販売店にお問い合わせくださいね!

参考-カワサキ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。