フランス人がカワサキ「Z650」をカスタムしたら見事なフラットトラッカーに変身した!

カワサキ「Z650」と言えば、シンプルなエクステリアと扱いやすくタフな2気筒エンジンを搭載する、乗りやすいネイキッドモデルです。

ところが、カワサキ・フランスがカスタムした同車の出来が、実に素晴らしいのです!

カワサキ「Z650」をフランス人がカスタムしたら……

それがコチラ!ご覧の通り、見事なトラッカー・スタイルに仕上げられています。“Chantilly Art & Elegance Richard Mille”というイベントでお披露目されました。

製作したのは、彼の地のカスタムビルダー”MRS Oficina”。実は、同社とカワサキ・フランスとのコラボは、これで2回目。

カワサキ「バルカンS」をフランス人が本気でカスタムしたら凄いカフェレーサーが誕生した!

前作は、ご覧の通りのカフェレーサー。それも「Vulcan S」をベースにしていましたが、今回は趣向を変えて来ました!

ベースとされたのはカワサキ「Z650」

コチラがベースとされた「Z650」。冒頭にも簡単に触れましたが、ごく一般的なネイキッド・モデルと言えましょう。

コンベンショナルな構造ながら軽量なフレーム&車体に……

最高出力50kWの水冷4ストローク並列2気筒/DOHC4バルブ650ccエンジンを搭載。

ヨーロッパでは、趣味性と実用性を両立させる通好みの1台として、またカスタムベースとしても人気のモデルです。

見事なフラットトラッカーに変身!

さて、あらためて”MRS Oficina”が製作したカスタム車両を眺めてみましょう!

注目すべきは、すべて一品物として製作されたタンク&シート、ゼッケンプレート風味のサイドカバーといった外装類。

トラッカーに仕上げたことで、オリジナルのフレームが持つ美しさが際立っていますね!

それと、これまた一品物の排気系も美しい!ウィンカーとナンバープレートホルダーが見当たらないのはご愛敬。フランス人は自由を愛しているのでしょう……

前後ホイールはキャストからスポークに変更されています。フロントはトラッカーに相応しく19インチ化されており、らしいシルエットの確保に貢献しています。あわせて、フロントブレーキはシングル・ディスク化されており、”Berlinger”製品とすることでストッピングパワーを確保しています。

メーカーとのコラボはビルダーにとって名誉!

“MRS Oficina”では、今回のコラボレーションについて……

カワサキ・フランスとのコラボレーションは我々ビルダーにとっては実に名誉なこと。皆さんの反応が気になりますね。

それと……3回目のコラボもあるかな?

と語っていました。この見事な出来なら、アリではないでしょうか?

参考-カワサキ・フランス
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。