KTM野獣ツアラー「1290スーパーデュークGT」が得意なのは長距離だけじゃない!【東京モーターサイクルショー2016】

世に言う”スポーツツアラー”にはいろいろあるが、ツーリングなどの長距離走行だけでなく、コーナーリングも楽しいマシンがけっこうある。例えば、筆者の愛車であるスズキ「隼」。さすがにタイトコーナーではややバイクが重たいが、道幅が広めのワインディングなどでは、ニュートラルなハンドリングでよく曲がる。筑波サーキット2000や富士スピードウェイといったサーキットでも、ライダーの腕はさておき、意外に軽快に走ってくれるのだ。

そんな”スポーツツアラー”のニューカマーが、KTMから登場。

ジャパンプレミアとして披露された「1290スーパーデュークGT」

th_1H3A8965
3月25日〜3月27日に東京ビッグサイトで開催されていた「東京モーターサイクルショー2016」で、ジャパンプレミアとして披露された「1290スーパーデュークGT(1290SUPER SUKE GT)」がそれだ。

ロングラン向け装備を投入

th_1H3A8980

実際に現車を目の当たりにすると、その迫力のフォルムに圧倒される。ベース車輛となるのは、ビーストの異名を持つ「1290スーパーデュークR」。排気量1,301ccの水冷V型2気筒を搭載したストリートファイター・モデルだ。

「GT」と「R」で、外観上の大きな違いは、フロントフェイス

1H3A8974

「GT」と「R」で、外観上の大きな違いは、フロントフェイス。小型カウルの「R」に対し、「GT」にはウインドプロテクション効果が高いスクリーンを装備したフロントカウルを採用。フューエルタンクも、容量を「R」の18Lから「GT」では23Lの大型タイプに変更。フロントウインカー内蔵型の大型サイドカウルなども装備している。

ショーモデルにはオプションのラゲッジケースが装着

th_1H3A8976

また、「GT」のシートカウルは、「R」より後端に伸びた形状。荷物の積載性なども良好で、写真のショーモデルには、オプションのラゲッジケースが装着されている。

最新テクノロジーも投入

th_1290 SUPER DUKE GT_Action 06
ツーリングでの快適装備だけが、このバイクの魅力ではない。走りのための最新テクノロジーも満載だ。例えば、

  1. オートシフター
  2. モーターサイクル・スタビリティ・コントロール(MSC)

1は、レーシングマシンなどにも使われている機構で、シフトアップをクラッチ操作なしで素早くできる。

2は、トラクション・コントロールとコンバインドABSを組み合わせたもの。ブレーキング時や加速時、コーナーや直線など様々な状況に応じて、最適なパワー特性を出してくれたり、ホイールのロックなどを防ぐなどで、ライダーの走りをサポートしてくれるシステムだ。

また、足周りには、セミ・アクティブ・サスペンションも装備。路面状況に応じ、ショックを適度な硬さに自動的に変更してくれる便利な機能だ。

「スーパースポーツにも引けを取らないパフォーマンス」

1H3A8972
KTMは、このバイクの走りを「スーパースポーツにも引けを取らないパフォーマンス」と豪語する。軽快に曲がり、ビースト(野獣)のようなパワーを持つビッグツアラー…隼とどちらが上か、一度乗ってみたいものだ。

参考 – KTM JAPAN

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。