コレは超個性的!KTMのハイパー・ネイキッド「790 Duke Prototype」は新開発ツインエンジン搭載だ!

様々なニューモデルやプロトタイプが登場した2016年のミラノショーにあって、最も個性的だったのが KTM「790 Duke Prototype」ではないでしょうか。

そこで今回は、このユニークなプロトタイプにスポットを当ててみましょう。

KTM「790 Duke Prototype」

コレがKTM「790 Duke Prototype」。新開発の水冷並列2気筒エンジンを搭載するハイパーネイキッドモデルです。

KTMは「オフロード界の巨人」ですが、本モデルは純然たるロードモデル。完全新設計の車体周りも、”Dukeファミリー”らしい仕上がりです。

注目は新開発エンジンと車体構造!

最大の注目ポイントは、新開発エンジンの「LC8 C」。”C”はCompact(コンパクト)を意味します。KTMがそう言うのだから実際にコンパクトなのでしょうが、独特な車体構造ゆえ、エンジンの存在感が感じられます。最高出力・ボア×ストロークといったエンジンの詳細は公開されていませんが、排気量は790ccとのこと。

なお、独特な車体構造というのは、エンジン本体を車体の強度メンバーとするフレーム構造のことで、サブフレームはアルミ製。軽量かつコンパクトな車体を目指していることがわかります。

プロトタイプということなので、未だヘッドライトやウィンカー等は未装備ですが、エッジの効いたミニカウルやガソリンタンク、シートカウルのデザイン処理は、既存の”Dukeファミリー”らしさに溢れています。

フロントフォークはWhite Power製の倒立タイプ。ちなみにこのフォークはWhite Powerと共同開発中です。

ブレーキディスクはペタルタイプ。4ポッドキャリパーが組み合わされています。

リアショックユニットも白いスプリングが見えますので、フロントと同じくWP製品ということで間違いないでしょう。

ホイール素材等は明かされていませんが、最近流行のソリッドなデザイン処理が施されており、恐らくきっと鍛造アルミ製でしょう。

2-1とされる排気系の取り回しは、いかにも急ごしらえのプロトタイプモデルっぽい印象を受けますが、その制作には3Dプリンターが使われた、とのこと。

ユニークなデザイン処理から、個性を打ち出す方針が見てとれます。

125、200、250、390、690、1290と拡大を続ける”Dukeファミリー”の更なる充実という狙いはありそうですし、プレスリリースの書きっぷりを読み込んでみると、この「790 Duke」、将来的に市販化されそうな匂いがプンプンします。

そうなると、ヤマハ「MT-07」も、うかうかしてられませんね!

こうした個性を強く押し出したモデルの登場は、きっとコアなバイク好きに歓迎されると思われますが、いかがでしょうか?

参考 – KTM(グローバル)
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。