マセラティのエンジンを搭載した奇想天外な4輪バイク「レザレス・LM847」

フランスのビルダー、ルドヴィク・レザレスは、オリジナリティあふれるバイク&トライクなどを製作することで知られるが、そのレザレスがジュネーブモーターショーで発表した車両があまりにも凄まじかったので紹介したい。

まさにモンスターマシン!

発表されたレザレス「LM847」は、マセラティ 「クアトロポルテ」などに搭載されている4.7リッターV型8気筒エンジンを搭載し、470馬力を叩き出すという、まさにモンスターマシンである。

ダッジ「トマホーク」を彷彿させる

一見すると2輪に見えるが、前輪2輪、後輪2輪の4輪であり、自立も可能となっている。外観、コンセプトともに以前、紹介させていただいたダッジ「トマホーク」を彷彿させる。

メカメカしさが堪らない!

レザレス「LM847」の車重は、ご想像通り400kgと重いが、470馬力のエンジンと200サイズの両リヤタイヤがしっかりと受け止めている。トルクがありすぎるためにギアボックスは存在せず、流体クラッチを用いてエンジンとギアを接続しているという。フロントブレーキは両方にNissinの8potキャリパーを装備。フロントタイヤはそれぞれ180サイズとなっている。

ちょっとハンドル周りだけ…

これほどのパワーと巨体を誇るレザレス「LM847」。外観、仕様ともども、あまりにも規格外な作りとなっているが、なぜかハンドル周りだけ非常に貧弱だ…。

実際に走るとどうなるのか? 動画などは公開されていないので、どのような走りを見せてくれるのかは現段階では謎のままだが、今後とも当サイトではレザレス「LM847」の今後の動向について追って行きたいと思っている。

参考 –  LazarethLazareth LM 847

センカクダイバー

センカクダイバー

悲運の元パチンコ・パチスロライター。ベスパ歴27年、ミニクーパー歴2年のモッズ系猛禽類。旧車を好むクセに機械イジりや整備はサッパリというご都合主義者。