氷上を駆け抜けたいならこの一台しかない!世界限定45台のウラルバイカル!

本拠地ロシアにある、ウラルの工場。ここに、伝説のサイドカーバイクがあります。

2017年10月、世界限定45台のウラルバイカルが発売されました。氷上を走るための装備が充実している、冒険家におすすめのモデルです。

まさに自然現象の世界観!

ロシアのIrbitの南東500マイルに位置する場所には、世界最大の淡水湖があります。ここは、冬になると凍結し400マイル以上の氷域に。

最も古い淡水湖で、その深さは5,315フィートにもなります。冬になると、平均気温は-12℃(-6°F)を記録。12,000㎢以上の氷の世界が広がるため、車やサイドカーで走行するのに十分な広さと氷の世界が楽しめるんです。

極寒の趣味?氷上の世界に魅了されたら必須のものは?

世界各地から半年ごとの冒険を楽しむために、訪れる場所としても知られています。こんなキャンプが楽しめたら素敵ですね。かなりの冒険家たちが集まる湖。

それを支えるサイドカーの存在に、新しいバイクの世界をみることができました。

冒険には良き相棒が必要!

冒険家の「Hubert Kriegel」と「Chinzo」は、2010年にウラルのサイドカーでバイカル湖を渡り、-40°の世界で2週間過ごし、風と雪のある環境で究極の冒険旅行を成功させました。そして、一緒に冒険を楽しんだウラルのサイドカーの快適な走行性能にも注目です。

サイドから見ると街乗りでも違和感ない!?

ウラルバイカルは、2輪駆動車とサイドカーが搭載されたモデル。スペアのホイールが標準装備され、側面には高炭素鋼のハチェットを取り付けられ氷上を走ることが可能です。

バイカルLEは、サイドのキャスタブと3つのフェンダーの内部にセラミックアンダーコートで完全に保護。シベリアの厳しい寒さや突風を受けにくい構造になっています。

標準装備!? 充実すぎる装備に呆然の仕様!

サイドカーには、BRV-1MのBluetoothの完全防水仕様のスピーカーが搭載され、耐久性や衝撃性があり12時間の使用が可能です。冒険の時間に楽しい音楽をききながら、氷上を駆けぬけることもできます。2200mAhの内臓電源では、USB対応デバイスの充電機能もあります。

ミル仕様のフラスコには、ステンレンススチール製の折りたたみ式ショットメガネとボトルオープナーが2つ。ビルトインLED懐中電灯は、40時間の連続使用が可能に。氷上の広い空間を照らし、安全な走行が確保できます。標準マッチの2倍の強さをもつ防水のマッチも装備され、水中でも暴風雨でも25秒間使用できる優れものです。

限定モデルには、折りたたみ式のショベルや高炭素鋼のハチェットが標準装備されています。それぞれのハチェットには、湿度や乾燥に強い3.5インチのスチールブレードと滑り止めのゴム製のグリップ仕様があります。

LEDの懐中電灯やユニバーサルのスペアタイヤ、荷物ラックなど、長距離の走行を楽しむための機能や装備が充実しているのも魅力的です。

まさに、この装備があるからこその冒険ですね。氷上のバイク走行は、なかなか体験できないですが、機会があれば挑戦してみたいと思います。

参考-URAL JAPAN
smile

smile

楽しいとおもえる時間や空間が好き。趣味はバイクで自由気ままに走ること。車・映画・音楽・ファッション。色んな視点から走る楽しさを伝えていきたい。