プロカメラマン”BENTENKOZOU”の愛車に学ぶ!カスタムのススメ【続編】

前回反響のあった、『プロカメラマン”BENTENKOZOU”の愛車に学ぶ!カスタムのススメ』に引き続き、彼のバイク遍歴の現在に至るまでを振り返っていきたいと思う。

もはや原型をとどめていない?4度目のカスタム!

269399_189155801142873_2599716_n 217522_163613333697120_3728738_n 268205_189155264476260_6381735_n 281328_201521869906266_4220420_n

「この時のカタチも自分的には結構気に入っているんだけど、41mmのナローツリーから、メカニカルな造形美に惹かれて41mmワイドのアジャスタブルツリーに変更したんだ。」とのこと。

このツリーは、1932年から1974年にかけてハーレー・ダビッドソンが製造していた三輪自動車(サービカー)の純正ツリーで、現在では、希少価値が高く、価格が高騰しているパーツのひとつである。ホイールも、あえて19インチに変更し、グライドフォーク用の純正ドラムブレーキを装着。ハンドルはXLCHのインナースロッルのハンドルに変更されている。

IMG_9367 IMG_7390

そしてその後、「幅の広いXLCHの純正ハンドルでは街乗りでのすり抜けがつらい」との理由から、幅の狭いドラッグバーに変更されている。かなりストリート色の強いチョッパーに仕上がってきた。

紆余曲折を経て現在のカタチへ…

IMG_6273 IMG_6272

そして、これが現在のカタチ。フロントフォークを、以前使用していた41mmのナローツリーに戻し、ホイールを21インチのスプールハブにしてフィニッシュ。

この7年間で様々なカタチに姿を変えてきた、”BENTENKOZOU”の愛車ショベルヘッド。

「とりあえずは今の形に落ち着いたけど、これからも少しずつ仕様変更は繰り返すと思う。やっぱり、色々想像しながら考えてのカスタムは楽しいですからね。」と、愛車を眺めながら語る彼の目は、すでに次のカスタムに対する意欲で満ち溢れていた。

forRide編集部

forRide編集部

乗り物(Ride)を軸としたライフスタイル提案型の情報を発信する「フォーライド編集部」です。 乗り物のある生活、楽しみ方を提案し続けます!