ハーレーカスタムショップ「LOVE HUNTER GARAGE」が魅せる孤高のチョッパー・ビルド!

現在のヴィンテージ・ハーレー・カスタム業界において、確固たる地位を築き上げた埼玉県は秩父市の「LOVE HUNTER GARAGE(ラブ・ハンター・ガレージ)」。シンプルな中にも独特の存在感を秘めたチョッパーのビルドを手掛けるのは、オーナーである小峰氏。

ハーレーカスタムショップ「LOVE HUNTER GARAGE」が魅せる孤高のチョッパー・ビルド!

オーナー / 小峰 裕和 Hirokazu Komine

今回はこのラブ・ハンター・ガレージのオーナー兼ビルダーである小峰氏に焦点を絞り紹介していきたい。

直向きにチョッパーと向き合う

ハーレーカスタムショップ「LOVE HUNTER GARAGE」が魅せる孤高のチョッパー・ビルド!

ブラックアウトされた外装に、ラットでスキニーなスタイルが印象的な、ラブ・ハンター・ガレージのチョッパーたち。

全てはビルダー兼オーナーでもある、小峰氏の手から生み出されたバイクたちだ。元を辿れば、家の片隅あった小屋で、自らの手でバイクにカスタムを施したのが始まり。そう、ガレージ・ビルドから始まったのである。

ハーレーカスタムショップ「LOVE HUNTER GARAGE」が魅せる孤高のチョッパー・ビルド!

その後、地元の仲間たちのバイクにも手を掛けるようになり、小屋では手狭になった時に、友人の紹介で現在の店舗に移ったのが今から4年前の話。当時はバイク一本でやっていくには厳しく、他の仕事と両立の生活が続いた。

ハーレーカスタムショップ「LOVE HUNTER GARAGE」が魅せる孤高のチョッパー・ビルド!

しかし、ラブ・ハンター・ガレージの名前は瞬く間に広まり、様々の所から仕事を受けるようになる。そして、1年後にはバイク屋一本での生活が始まった。現在も、県外からの問い合わせも多く、日々、沢山のチョッパーが小峰氏の手から生み出されている。

ハーレーカスタムショップ「LOVE HUNTER GARAGE」が魅せる孤高のチョッパー・ビルド!

「今までと変わらずに、これからも直向きにチョッパーと向き合っていきたい」と語る小峰氏が創りだすチョッパーに今後も期待したい。

【関連記事】

歴代ハーレーエンジンのサウンドを聞き比べてみた!

ハーレー乗りの夫婦が手掛けるこだわりのカフェ&ダイナー「リックス」

日本で現在ここでしか飲めない!ハーレーの密造酒「Ole Smoky Moonshine」

男性がハーレーをピカピカにしている理由とは?

これはワイルド!ハーレー”V-ROD”のエンジン型のパソコン

参考 – ラブ・ハンター・ガレージ

BENTENKOZOU

BENTENKOZOU

モーター・カルチャーを軸にしたストリート・シーンを撮影する写真家。そして、人生を趣味のバイク/サーフィン/入れ墨に捧げる自由人。