ヤマハの155ccスクーター「マジェスティ S XC155」のアニバーサリーモデルが発売

ヤマハの155ccスクーター「マジェスティ S XC155」の2016年モデルが9月10日に販売開始されることが決定した。

また、同モデルには、ヤマハ創業60周年記念カラーである「60th Anniversaryモデル」が設定される。

高い走行性能と利便性が魅力

マジェスティ S XC155といえば、125ccよりもパワフルな走行性能とコンパクトで取り回しも容易な車体、いざとなれば高速道路も走行可能な点が人気の小型スクーター。

2016年モデルで改良した点は、クッション厚を増加した柔らかいタンデムシートの採用、快適な乗り心地を実現する前後サスペンション、ポジションランプの質感向上など。

mt123dfgdfbss2

また、カラーリングには「ディープレッドメタリックK(レッド)」が追加された。

mt123dfgdfbss4

mt123dfgdfbss23ewd

カラーリングバリエーションモデルとなる「SP カラー」では、ツートン塗装の「マットチタン 1(マットチタン)」と「ダークグレーイッシュマゼンタメタリック 1(パープル)」が設定された。

さらに60th Anniversaryモデルも!

mt123dfgdfbss5

さらに、ヤマハ創業60周年記念モデルである「60th Anniversary」モデルも、2016月4月末日までの期間限定予約による受注生産で発売される。

mt123dfgdfbss3

ケニー・ロバーツやエディ・ローソン世代の方にもお馴染みの、鮮やかなイエローのスピードブロックデザイン(ストロボカラー)が映える一台に仕上がっており、アニバーサリーモデルとしての”特別感”に一役かっている。

価格は「マジェスティ S XC155」 が34万9,920円で、「マジェスティ S XC155 SP」が36万720円、発売日は共に2015年9月10日となっている。また、「60th Anniversaryモデル」の価格は36万720円で、発売日は2015年11月10日となっている。

アニバーサリーモデルは前記の通り完全予約制の受注生産のため、気になった方は販売店に問い合わせてみてはいかがだろうか。

【関連記事】

ヤマハが3時間充電で29km走行可能な本気の電気スクーター「E-Vino」を発表

ヤマハ・ヨーロッパ2016戦略機「XSR700」はレトロな最新スポーツ

チャボ・エンジニアリング木村信也の作り上げたヤマハ「MT-07」がカッコイイ

DEUSがヤマハ「ボルト」をカスタムするとこうなる!

ヤマハ楽器デザイナーがデザインした衝撃のバイクが日本初公開!

参考 – ヤマハ発動機

上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。