マルシン工業製フルフェイスvs中国製フルフェイスの結果に驚愕…

ヘルメットとは本来、ライダーの頭部を守る重要なアイテムだ。

今回は、チリの男性がYoutubeにアップした検証動画で、日本のヘルメット製造メーカー”マルシン工業”社製のフルフェイスヘルメットと、中国製メーカー不明のヘルメットの2つを強度テストをしている。

この動画を見ていただき、ヘルメットの重要性を再認識していただきたい。

世界中のライダーに対しての注意喚起となった

テスト方法はいたってシンプル。椅子の上に乗せたそれぞれのヘルメットをハンマーで叩くというものだ。

投稿者によると、多くの国では、ライディング・ギアやプロテクターの品質に関する規制がないため、偽物や低品質な製品も平気で売られているのが現状のようだ。このことから、「安全性の品質が保証されているヘルメットと、そうでないヘルメットでは、どの程度強度が違ってくるのかを視聴者に見せたかった」と語っている。

マルシン工業製フルフェイスvs中国製フルフェイスの結果に驚愕…

左からマルシン工業製ヘルメット、右が中国製メーカー不明ヘルメット

マルシン工業製フルフェイスvs中国製フルフェイスの結果に驚愕…

このように椅子の上に置き、ハンマーで叩くというシンプルなテストです

マルシン工業製フルフェイスvs中国製フルフェイスの結果に驚愕…

まずはマルシン工業製から叩いてみましょう

マルシン工業製フルフェイスvs中国製フルフェイスの結果に驚愕…

表面のシェルこそヒビが入ったものの、びくともしません!

マルシン工業製フルフェイスvs中国製フルフェイスの結果に驚愕…

次にこちらの中国製メーカー不明ヘルメットを検証してみましょう

マルシン工業製フルフェイスvs中国製フルフェイスの結果に驚愕…

一発でズドーン!

マルシン工業製フルフェイスvs中国製フルフェイスの結果に驚愕…

シェルはもちろん、インナーまで思いっきり貫通してます…。

マルシン工業製フルフェイスvs中国製フルフェイスの結果に驚愕…

その後マルシン工業製を何度も叩きますが、

マルシン工業製フルフェイスvs中国製フルフェイスの結果に驚愕…

結局シェルのヒビがひどくなっただけで、ヘルメット自体は壊れません。

衝撃的な結果に、外国人からも驚きの声が多数寄せられていたが、今回はマルシン工業のプロモーションでも、中国製品に対するネガティブキャンペーンでもなく、ヘルメットの安全性について考えるための記事なので、割愛させていただく。

そしてコチラが実際の映像

日本においては、「SG規格」という安全規格をクリアしないと二輪量販店では販売ができないが、個人店やカスタムショップではまだまだ規格外ヘルメットが販売されている。

規格外製品に対する批判というわけではないが、自分を守るヘルメットの安全性について今一度考えてみてはいかがでしょうか。

自分の人生は自分が決めれば良いが、家族、友人、職場・学校の人のことも考慮すると、そうもいってられないのでは。

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。