完成度は30周年より高し!ホンダ「モンキー」50周年アニバーサリーは初代モンキーがモチーフなのだ!

当サイトでも、たびたび「出るぞ、出るぞ」と楽しみにしていた「モンキー」の50周年アニバーサリーモデル。

遂に出ました! が、あれっコレ、何処かで見たことあるような……

モンキー50周年アニバーサリー

コチラが今回発売された50周年アニバーサリー。1967年に販売が開始された初代モンキー「Z50M」をモチーフとしています。

「Z50M」がモチーフ!

コチラが、その1967年に登場した初代モンキー「Z50M」。落ち着いて考えてみれば、発売開始から50年が経ったのですね……凄いことです!

「Z50M」はサスペンションが未装備だったり、前後4.00-5インチホイールなど、遊具的な要素が色濃く残されていました。

そんなモンキーの歴史については以前ご紹介していますので、詳しくはソチラの記事をご参照くださいね。

50周年スペシャルが発売される!モンキーの歴史を2分で知る(前編)

50周年スペシャルが発売される!モンキーの歴史を2分で知る(後編)

50周年スペシャルが発売される!モンキーの歴史を2分で知る(番外編)

なのですが、今回の50周年アニバーサリーに、ちょっぴり納得行かない方も少なくないのでは?

モンキー30周年アニバーサリー

その理由はコチラ! 1997年、今から20年前に発売された「30周年アニバーサリーモデル」が存在するから。

ご覧のとおり、この30周年アニバーサリーも「Z50M」がモチーフでしたので、50周年に新たなチャレンジに期待したのではないでしょうか?

正直に申しますと、筆者も少し……

モンキー50周年アニバーサリー

なのですが、落ち着いて50周年アニバーサリーを見直してみましょう。

ガソリンタンク側面やサイドカバーを主体色の”パールサンビームホワイト”に、そして前後フェンダーは”シャスタホワイト”にペイント。フレームやフロントフォーク、スイングアームのほか、ヘッドライトケースやガソリンタンク上面のストライプは”マグナレッド”にペイントされています。

発売50周年を記念して、燃料タンク側面に復刻デザインのウイングマークバッジを、上面には記念ステッカーを配しています。

30周年アニバーサリーと比べると、2009年のモデルチェンジを受けてガソリンタンクが角ばっているため、より「Z50M」になっています。

シートには初代モデルを模したおしゃれなチェック柄シートを採用。またシート後部には50周年記念ロゴが配されています。

サイドカバーには50周年記念エンブレムを、メインキーにも50周年記念マークを施すことで、特別感にあふれ、所有感を満たすモデルとなっています。

気になる価格と発売日は?

発売日は2月28日、そして車両本体価格(消費税込み)は、35万2,080円。アニバーサリーモデルとしては、充分納得できるお値段ではないでしょうか?

将来的にプレミアがつくこと必至の50周年アニバーサリーですから、気になった方は買っておいて損はしないのではないでしょうか? 筆者もお財布の中身を確認します!

モンキー50周年アニバーサリーのスペック

  • 全長×全幅×全高:1,365×600×850mm
  • ホイールベース:895mm
  • シート高:660mm
  • 車両重量:68kg
  • エンジン種類 / 弁方式:空冷4ストローク単気筒 / SOHC2バルブ
  • 総排気量:49cc
  • 内径×行程:39.0×41.4mm
  • 圧縮比:10.0
  • 最高出力:2.5kW(3.4PS)/ 8,500rpm
  • 最大トルク:3.4N・m(0.35kgf・m)/ 5,000rpm

参考-ホンダ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。