モト・モリーニは個性的なウッド調のスペシャルカラー車両を展示【東京モーターサイクルショー2016】

70年の歴史を誇る、イタリア高級バイクブランドがモト・モリーニだ。リリースするモデルは全4機種で、いずれも1,187cc水冷87°Vツインを搭載。最新テクノロジーを満載する最近の高性能ビッグバイクと違い、エンジンの鼓動を五感で感じながら走れる乗り味と、トラレスフレームなどを用いたイタリア製らしい個性的なデザインが魅力だ。

そんなモト・モリーニ全4機種にスペシャルカラーが登場!「東京モーターサイクルショー2016」に展示された。

木目調のタンクやカウル類が美しい

th_1H3A9114

今回展示されたモデルは、いずれも参考出品。基本的な仕様は従来モデルと同じだが、それぞれに色調が異なるスペシャルカラーが施されている。

「CORSARO1200VOLOCE」

th_1H3A9100b

マルゾッキ製倒立フロントフォークや、ブレンボ製ブレーキなどを装備したストリートファイター。ショーモデルには前後カウルやフェンダー、フューエルタンクなどに、ブラウン系ウッドカラーを採用。戦闘的フォルムに、シックなテイストをプラスしている。

「GRANPASSO」

th_1H3A9113b

オン・オフを問わず、ロングツーリングでの快適性や走破性を追求したアドベンチャーツアラー。ウインドプロテクション効果が高いフロントスクリーンやプロジェクター式ヘッドライトなど、充実の装備が魅力のマシンだ。ショーモデルにはイエローの濃淡で木目を表現したカラーを展示。派手すぎず、ゴージャスなテイストが加味されている。

「11 1/2 1200」

th_1H3A9121b

th_1H3A9124

ビッグネイキッドモデルの「イレブン・ハーフ1200」。マットブラックに塗られた1,200ccエンジンは、低速からトルクフル。足着き性が抜群な800mmのシート高などと相まって、扱いやすさも自慢のモデルだ。ショーモデルはダーク系シルバーを基調に、表面にあえて傷を付けたヘアライン加工をペイントで表現。スパルタンな雰囲気をアップさせている。

「SCRAMBLER1200」

th_1H3A9106b

th_1H3A9110

ビンテージなテイストと現代的デザインを融合させたオフローダー。プロテクションガード付きヘッドライト、フロント19インチ・リヤ17インチのブロックパターンタイヤなどにより、ワイルドなスタイルを持つモデルだ。ショーモデルは、マットシルバーとメープルウッド調のツートンペイントを施した仕様。アウトドアだけでなく、ストリートにもしっかりマッチするカラーリングだ。

これらのモデルは、いずれも発売は未定だが、どれもちょっといい感じ。ちなみに、モト・モリーニは、どのモデルもカラーリングのカスタマイズが元々可能。純正カラーにならなくても、今後オプションとして出てくる可能性もあるかも!?

参考 – MOTO MORINI (PCI)

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。