巨大クルーザーがカフェスタイルに! モトグッチ「カリフォルニア」のフルカスタム!

イタリアのバイクメーカー「MOTO GUZZI(モトグッチ)」のフラッグシップモデルで、迫力のボディに1,399ccの巨大な空冷Vツインエンジンを搭載した「カリフォルニア1400カスタム」。まさに、巨艦ともいうべきクルーザーモデルが、なんとカフェレーサーに変身!

アメリカやイタリアに拠点を持つVinier Custom Motorcyclesが手掛けたカスタムバイクは、カリフォルニアが本来持つスタイリッシュなテイストを残しつつ、全く新しいバイクに生まれ変わらせてしまった逸品だ。

フレームからタンク、シートまでハンドメイド

venier-customs-moto-guzzi

ベースは、2013年モデル。

まず、手掛けたのはフレームワークで、新しくデザインしたボディラインに合わせて、スチール製フレームを一から製作。加えて、タンクやサイドカバー、シートに至るまで、すべてオリジナルで作り替えている。

venier-customs-moto-guzzi-5

アルミ製ビレットグリップが付いたセパレート式ハンドルは、イタリアのパーツメーカーTarozzi Paolo & Franco製。トップブリッジ下にセットすることで、レーシーさを演出する。

venier-customs-moto-guzzi-6

ノーマルより小振りにしたワンオフのヘッドライトなどと相まって、フロントビューをシンプルでスタイリッシュなカフェレーサー的フォルムに生まれ変わらせている。

venier-customs-moto-guzzi-9

リヤビューも、シンプルな印象だ。

ツインテールのマフラーも、Vinier Custom Motorcyclesのオリジナル。シートもフラットタイプに変更し、LEDタイプの小型テールランプをシート下にマウントする。

venier-customs-moto-guzzi-10

また、リヤウインカーをシートレールに直付けし車体側にできるだけ近づけるなどで、全体的にすっきりとまとまった雰囲気を演出。と、共に200/60−16というファットなリヤタイヤが、より迫力を増す視覚効果も生んでいる。

https://www.youtube.com/watch?v=pHmyWtpUYA0

「カリフォルニア1400」を見事「巨大カフェスタイル」に変身させた手腕はお見事。

コンプリート車の価格は4万4,500ドル(約532万円)からだ。

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。