クラシカルなオフローダー!モトグッツィ「V85」はミラノショー最大の”忘れ去れたナイスバイク”

ミラノショー関連の記事はお仕舞いね、と勝手に終わらせてしまったものの……当サイトの熱心な読者さんからお叱りのメッセージを頂きました……”Moto Guzziを無視するんですか?”

大変失礼いたしました……実は凄く気になるモデル「V85」が登場していたのですが、後回しにしたまま、すっかり失念しておりました……

「V85」はモトグッツィ流のアドベンチャースポーツ・モデル!

さてさて、そんな大変な失礼をしてしまったモトグッツィ「V85」。ご覧の通り、ミラノショーにて世界初公開されています!

ツアラーのイメージが強いモトグッツィですが、ご覧の通り、見事なアドベンチャースポーツ・スタイルに仕上げられています。

モトグッツィ本社は“Everyday  routes and long-distance routes”と述べていますから、デイリーユースも視野に入れた乗りやすいモデルとするのでしょう。

現段階ではコンセプトモデルですので、詳細は未発表ですが、「V7」と「V9」の中間の新開発エンジンを搭載予定であり、最高出力は80HPを予定しています。

(「V9」は850ccですから、排気量を考慮すると、中間を埋める、というのは矛盾するのですが……)

細かいことはさておき、この”クラシックビッグオフローダー”といった趣のエクステリアこそが、この「V85」最大の魅力であると断言できましょう。

デュアルLEDヘッドライトとナックルガード、大き目のフロントスクリーン、それに厳ついガソリンタンクが気分を高めます。

リアフレームは若干やり過ぎ感も否めませんが、このジャンルのモデルは何より”気分”が大事。

それはモトグッツィ本社も良く心得ていて、こんな力の入った展示がされていたそうです。お見事!

フロントブレーキには”Brembo”製品を奢りつつ、前後ホイールはスポーク仕様。クラシカルなエクステリアへのコダワリを見せています。

この完成度の高さからして市販化に期待したいところですが、公式リリースでは言及がありませんでした。海外情報サイトによりますと、このコンセプトモデルは2021年モデル以降の同社の技術的基礎となる、と明言したとか。コレは楽しみなモデルの登場ですね。

他社さんも含め、何故かスルーされてしまった「V85」。こんなことが今後は無いよう、モトグッツィの動向を忘れずウォッチしていこうと誓う筆者でした。

参考-モトグッツィ(グローバル)
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。