モーターサイクル・カルチャー × サーフ・カルチャー

近年、「モーターサイクル・カルチャー」を取り巻くサブカルチャーのひとつとして、特に人気が高いのが「サーフ・カルチャー」。そんな二つのカルチャーをクロスオーバーさせたスタイルを感じさせる、今バイカーたちに人気のブランドをいくつか取り上げていきたい。

B.W.G

モーター・カルチャー × サーフ・カルチャー

ワークウェアブランドのブルコから派生した、ストリートを軸としたブランドの「B.W.G」。

ブランドのクリエイターたちもリアルにカルチャーを体現しているライダーたちで、ワーク / モーターサイクル / サーフ / スケートの4本の柱をメインとし、国内外のアーティストを多数起用したアパレルラインを展開している。2013年から始動ばかりのでブランドで、今後の活動にも注目したい。

Deus Ex Machina

モーター・カルチャー × サーフ・カルチャー

2006年にオーストラリアで誕生した「デウス・エクス・マキナ」。

このブランドはバイク/サーフ/スケートが現在のように個々のカルチャーとして存在する以前の、全てのカルチャーの黎明期を感じさせてくれる、まさにカルチャーそのものと言えるブランド。シドニーに第一店舗目をオープンして以降、シドニーからバリ、LA、ミラノに進出。そして、現在は東京にもオンリーショップをオープンさせている。

Brixton

モーター・カルチャー × サーフ・カルチャー

「ブリクストン」は2004年にカリフォルニアから発信されたブランド。

ブランド名のブリクストンは、UKバンド「THE CLASH」の「The Guns of Brixton」が由来で、独自の目線から音楽をはじめとしたストリートカルチャーを具現化したスタイルを追求している。

クリーンなデザインが特徴で、モダンの中にもストリートの空気が漂うプロダクツは、多くのスケーター  / サーファー / ミュージシャンから絶大な支持を受けている。

Cycle Zombies

モーター・カルチャー × サーフ・カルチャー

カリフォルニアのハンティントンに本拠地を構え、バイク/サーフ/スケートなどのストリート・カルチャーをリアルに体現する「サイクル・ゾンビーズ」。

彼らが手掛けるアパレルラインは、日本でも多くのファンを抱えている。

彼らの一挙手一投足は、サーファー / スケーター / バイカーなどのカルチャーを、よりハイブリッドなカタチでクロスオーバーさせた、新たなカルチャーを創りあげているといっても過言ではない。

これからの季節、薄着になる機会が徐々に増えるので、モーターサイクル・カルチャーとサーフ・カルチャーをクロスオーバーさせた、上記のようなブランドのアイテムをコーディネイトに取り入れてみてはいかがだろうか。

【参考リンク】

B.W.G

Deus Ex Machina

BRIXTON

Cycle Zombies

BENTENKOZOU

BENTENKOZOU

モーター・カルチャーを軸にしたストリート・シーンを撮影する写真家。そして、人生を趣味のバイク/サーフィン/入れ墨に捧げる自由人。