完全に別バイク!ラフクラフトの新作カスタムは、ヤマハの人気モデル「MT-07」!?

ハーレーを中心に、カスタムに定評のある台湾のカスタムショップ「ROUGH CRAFTS(ラフクラフト)」。そんな同店が新たにカスタムしたのは、なんとヤマハの人気ネイキッドモデル「MT-07」なのです。

今回は「オニキスブレード」と名付けられたこのカスタムバイクについてご紹介します!

マットグレーで無骨にカスタム

ヤマハ「MT-07」のカスタムで連想されると言えば、当サイトでも以前紹介させていただいたチャボ・エンジニアリング木村信也氏の作り上げた「MT-07」あたりを思い浮かべますが、ラフクラフトがカスタムしたMT-07「オニキスブレイド」もただモノではありません。

「オニキスブレード」は、交通渋滞に悩むオーナーのために、ラフクラフトがカスタムを施したとのこと。しかし、ノーマルのMT-07に比べても、そんなにコンパクトにまとめあげているように思えないのは、筆者だけではないでしょう…。まぁ、カッコイイので良しとします!

フォークカバーが最大の特徴

「MT-07」のフロントフォークはしばしば柔らかいという指摘をされています。そこでオニキスブレードのフロントフォークには、レーシングレースサスペンションであるGearsに変更されています。そんなハイスペックなパーツを惜しげもなくフルカバーしているのが、非常に印象的なこちらのフォークカバーです。

ガソリンタンクもフォークカバーの雰囲気に合わせて製作

フォークカバーを装着したことによる無骨なイメージを崩さぬよう、ガソリンタンクもワンオフで製作。MT-07に視覚的な影響力が追加されました。フチのラインはソリッドカラーを残している点もオシャレですね!

どこかクラシカルで男臭さを感じる

ラフクラフトが手掛けたのであれば、ただのマットカラーではなさそうだと思ったら、やはりなかなか手の込んだペイントのようです。当初はマットカラーではないランボルギーニ・グレーで塗装していたらしいのですが、オーナーがラフクラフトの手掛けたマットカラーのカスタムバイクを見て、急遽上からマットクリアを吹いく事になったとのこと。

エアクリーナーはK&Nフィルターへアップグレード。AKRAPOVICのエキゾーストシステムを採用しています。

ハンドル周りは、ラフクラフトの得意分野であるハーレーカスタムにも通づるシンプルなパーツチョイス。

完璧なまでにフィットしたデジタルメーター

MT-07のデジタルメーターは本来ハンドルポスト上にマウントされていますが、ビルダーであるウィンストン・イップ氏のアイデアで、ガソリンタンクに埋め込まれました。

この完璧なまでのフィット感は、もはや純正でも採用すべきでは?と思ってしまうほどの完成度です。

個性的かつ、攻撃性なフォルム

かくして完成を遂げた「オニキスブレード」。これで台湾の交通事情にマッチしつつも、超個性的なバイクの出来上がりというわけです。

それでは最後に、MT-07の原型を忘れてしまった方のために、MT-07の概要を記させていただきます。

ヤマハ「MT-07」

エンジン:水冷4ストロークDOHC 2気筒

排気量:688cc

最高出力:54kW(73PS)/ 9,000rpm

最大トルク:68N・m(6.9kgf・m)/ 6,500rpm

全長/全幅/全高:2,085/745/1,090mm

車両重量:179kg

燃料タンク容量:13L

変速:常時噛合式6速リターン式

フレーム形式:ダイヤモンド

タイヤサイズ:F-120/70ZR17M/C、R-180/55ZR17M/C

ブレーキ:油圧式 F-ダブルディスク、R-シングルディスク

車両価格:69万9,840円(税込)

…それにしても、もはや別物ですね。

毎度ラフクラフトが手掛けるカスタムバイクには、一貫した完成度の高さと、斬新なカスタムセンスを感じます。今後もラフクラフトの動向から目が離せませんね!

参考 – MT-07 : BIKEEXIF

上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。