ヤマハの隠し玉!「MT-10」ベースのツアラーエディションがヨーロッパでリリースされたぞ!

昨秋にチューンドバージョンの「MT-10 SP」が追加されて、ハイパーネイキッドとして順調に認知を拡大しているヤマハ「MT-10」ですが……

新たにヨーロッパで「MT-10 Tourer Edition」なるニューモデルが発表されました!

ヤマハ「MT-10 Tourer Edition」

コチラが「MT-10 Tourer Edition」。モデル名のとおり、「MT-10」をベースにツーリング仕様に仕立てられた特別仕様車。レッキとした市販車です。

スタジオフォトをご覧いただけばお分かりかと思いますが、元々ツアラーとして設計されたのかしら、と思わせる素晴らしい完成度の高さです。

コチラがノーマル。ツアラーの必須アイテムが、美しく搭載されています。

左右のパニアとスクリーンが目に付くところですが、変更点はそれだけではありません。

以下、ディテールをご紹介しましょう。

MT-10 Tourer Editionのディテール

純正らしくスマートに搭載されたスクリーン。決して大型ではありませんが……

なかなかに風防効果が高そうです。ツアラーとしては必須装備と言えましょう。

ヨーロッパで人気の「Tom Tom Rider 410」GPSナビが199ユーロというスペシャル価格(通常は399ユーロ)にて装備可能となっています。

また車体左右にはABS製パニアを搭載。これまたツアラーに必須のアイテムです。容量は明記されていませんが、意外と小柄。スポーツ性を維持する狙いが透けて見えます。

そして良く見ると、長距離走行時の快適性を高めるため、幅広かつ厚めの専用シートを採用しています。高級感溢れる表皮はスウェード調のようで、ステッチも美しいです。

ハンドルに眼をやると、ナックルガードを装備しています。

これらパーツは単体でも購入可能だそうですが、「MT-10 Tourer Edition」という特別仕様車として購入すると割安になるそうです。

国内販売にも期待したい!

しか~し、残念ながら日本国内では、R-1系4気筒エンジンを搭載する「MT-10」自体が未発売という悲しい現実が……

昨秋追加された「MT-10 SP」ともども、ヤマハさんは国内販売のタイミングを見計らっているのでしょう! 一日も早い国内販売に期待したいものですね。

参考-ヤマハ(グローバル)
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。