MVアグスタ「F3 800」にベンツAMGバージョンが出現! 

800cc水冷3気筒エンジンを搭載、軽量かつ流麗なフォルムが魅力のMVアグスタ「F3 800」。そんな同社が誇るスーパースポーツにメルセデス・ベンツAMGバージョンが、ドイツで開催されたフランクフルトショー2015にて発表された。

Mercedes-Benz-AMG-x-MV-Agusta-F3-800-Motorcycle-3

ご存じの通り、AMGはメルセデス・ベンツのチューニング部門。高級車のベンツに、よりスポーティな味付けやチューンを施した車両をリリースしているブランドでもある。

GT Sと同コンセプトのカラー採用

Mercedes-Benz-AMG-x-MV-Agusta-F3-800-Motorcycle-5

今回発表された新バージョンは、AMGの最高級スポーツカー「メルセデス-AMG GT S」を彷彿とさせるカラーリングが特徴的だ。

Mercedes-Benz-AMG-x-MV-Agusta-F3-800-Motorcycle-1
ベースカラーには、「GT S」に設定されているAMGソーラービームを彷彿とさせるダーク系イエローを採用。サイドカウルからタンクへ流れるブラックのライン上にはAMGのロゴも配し、存在感をアピール。ホイールもブラックをベースにイエローラインを施すなどで、スポーティかつラグジュアリーなAMGの雰囲気を上手く表現しているのがポイントだ。

Mercedes-Benz-AMG-x-MV-Agusta-F3-800-Motorcycle-4

クルマのAMGバージョンのように、オリジナルのチューニングが施されているかどうかは発表されていない。ひょっとしたらカラーリング変更だけ?という可能性もあるが、元々ハイスペックな「F3 800」だから、走りのポテンシャルはノーマルでも十分だ。

昨年10月、MVアグスタとAMGが資本提携を結んだことから実現した今回のコラボモデル。MVアグスタ・ファンばかりではなく、AMGファンにも注目のモデルであることは間違いない。

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。