SR好き必見!素敵なバイク女子(有村架純)が主人公の映画「夏美のホタル」が公開!

バイクは好きですか? キレイな女性は好きですか? えっ、どちらも好き? ですよね…筆者もどちらも大好きです。

そんなワケで今回は、来たる6月11日に劇場公開される、女優の有村架純さん主演の映画『夏美のホタル』をご紹介します!

映画のあらすじ

SR

主人公の夏美(有村架純)は写真家志望。そんな自分の将来の夢と、彼氏である慎吾(工藤阿須加)との関係に悩んでいました。そして夏美(有村架純)は、お父さんの形見のバイク(ヤマハ・SR)で、思い出の森へと向かいます。そこで小さな商店を営んでいる、通称:地蔵さん(光石研)とヤスばあさん(吉行和子)親子に出会い、居候することに…。

地元の子ども達と戯れたりしつつ、自然の中でシャッターをきる夏美。そこへ後を追ってきた慎吾が登場します。何かが起こるわけです。一方で、お世話になっている地蔵さんが、別れた家族との間に埋められない溝を抱えて、長い間苦しんでいることを知ります。

以下、公式サイトより引用します。

親子、夫婦、家族、友達。誰かを大切に想うことが、夏美の心を少しずつ癒していく。

まるでホタルの淡い灯火のように。

というような感じで、バイクはキーアイテムとして、ストーリーに無くてはならない大事な存在として組み込まれています。

登場するバイクは…

tandem02

tandem

有村架純さん演じる夏美の愛車は、前記のとおりお父さんの愛車であったヤマハ「SR」。フロントはドラムブレーキで、完全ノーマル車ではなくて、微妙にトラッカー風味にカスタムされています。

night

なぜドラムブレーキ時代のSRをチョイスしたのかは不明ですが、こんな感じで、回想シーンを含めて度々登場します。

tandem03

後ろの方にさり気なく映っていますが、有村架純さんの着用しているヘルメットはOGKカブトの「KAMUI-II」ですね。

ロケ地は?

fuukei

いろいろ調べてみたのですが、千葉県の某所となっていたり、小湊鉄道の沿線というウワサもあるようです。それにしても、バイクで走ってみたいと感じる素敵な景色ですね。

原作「夏美のホタル」

夏美のホタル (角川文庫)

ちなみに、こちらが原作『夏美のホタル(森沢明夫・著)』の表紙です。角川書店 より2014年8月に文庫版が発行されています。アマゾンでも買えますので、予習して行くと良いかも知れません。

誰ですか!表紙のバイクが「CBX」だとか言っている不届者は? 細かいこと言っているとモテませんよ! 黙って有村架純さんとSR・トラッカーの素敵さに酔いしれる…それがこの映画の楽しみ方というもの。

原作のバイクはSRと読み替えましょう。

おわりに

それでは最後に「予告編」と「特報」の動画をご覧ください。

いかがですか? 映画「夏美のホタル」は、2016年6月11日(土)より劇場公開されます。劇場情報も載せておきますので、バイク好きの皆さん、是非、劇場に足を運んでお楽しみくださいね!

参考 – 夏美のホタル夏美のホタル:劇場情報

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。