新型インディアン・スカウトで世界最速のインディアン「マンロースペシャル」が復活!?

「インディアン」といえば、モーターサイクル・メーカーとして知らぬものはほぼいないだろう。一時は倒産にまで追い込まれたが、50年近い年月を経て2004年に全く新しいかたちで生まれ変わったメーカーである。

今回は、そんな同社のYoutube公式チャンネルで公開された「インディアン・スカウト」の動画をご紹介したい。

インディアン・スカウトとは?

こちらは最新のインディアン・スカウト

こちらは最新のインディアン・スカウト

当時インディアンの中でも一二の人気を誇ったモデル、それが1920年にデビューした「インディアン・スカウト」だ。

事実を元に制作された2005年の映画『The World’s Fastest Indian(邦題:世界最速のインディアン)』で、主人公であるニュージーランド人のハーバート・バート・マンローが、ユタ州ボンネビル・ソルトフラッツの陸上速度記録レースで世界最高速度記録を樹立したのもこのスカウトである。

マンロース・ペシャルが復活!?

新型インディアン・スカウトで世界最速のインディアン「マンロースペシャル」が復活!?

そして今回ご紹介するのが、オフィシャルで製作されたこちらのスカウト。「Black Bullet(黒き弾丸)」と名付けられたこの車両は、一人で世界最速の壁と戦ったマンローの功績に敬意を表したオマージュモデルだ。

新型インディアン・スカウトで世界最速のインディアン「マンロースペシャル」が復活!?

フューエルインジェクションをはじめ、エンジンやフレームなどは全くの別物であることに間違い無いのだが、オマージュモデルということもあって、胸が熱くなる。

それでは、スタイリッシュにまとめ上げられた”ニュー・マンロー・スペシャル”「Black Bullet」の動画をご覧ください。

なお、こちらのインディアン・スカウトは、新車で166万3,200円(税込)から購入できる。この動画に突き動かされるものを感じた方は、インディアンの正規ディーラーで現車を確認されてみてはいかがだろうか。

筆者の乗った印象としては、とてもスムーズで走行性の高いバイクだった。なんなら女性でも気軽に運転できるほど素直で扱いやすいので、男女問わずオススメのモデルである。

【関連記事】

直線番長!”マンロー・スペシャル”のようなBMWのコンセプトバイク!?

男性がハーレーをピカピカにしている理由とは?

1907年式の世界207台しかないハーレーが7,700万円で落札された!?

歴代ハーレーエンジンのサウンドを聞き比べてみた!

旅の空で思い出すロードムービーランキング!ベスト3

参考 – Youtube : Custom Land Speed Scout – Indian Motorcyclesインディアン・スカウト

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。