ホンダ・アフリカツインが復活!その全貌が明らかに

アメリカのオートバイメディア「MOTOR CYCLIST」WEB版の7月24日付け記事で、ホンダの新型デュアルパーパス(オン・オフ両用)モデル、「CRF1000L Africa Twin(アフリカツイン)」のスクープ画像が掲載された。

同モデルは2014年11月のEICMA2014(ミラノショー)でプロトタイプが出展され、今年5月には2015年中の復活が発表されていた。

ご存じの方も多いと思うが、アフリカツインは、パリダカールラリーにホンダが投入したNXV750のレプリカモデル。650ccツインの初代は1988年に発売。その後1990年にモデルチェンジで750ccとなり、国内では1999年まで発売されていたモデルだ。

コンパクトなリッターマシン

2016_crf1000l_africa_twin-dct-rb34

復活となる新星アフリカツインをぱっと見て感じるのは、以前のモデルよりかなりスリムなイメージとなったフォルム。フロントマスクからサイドカウルへと続くラインは、かなり細くてスポーティ。ボディ自体も、1000ccのデュアルパーパスの割りにはかなりコンパクトに作られているようだ。

2016_crf1000l_africa_twin-dct-detail

ボディの軽量&スリム化に大きく寄与しているのは、新開発のエンジンだ。

オフロードレーサーのCRF250R/450Rの技術がふんだんに盛り込まれた998cc・水冷ツインは、軽量カムシャフトや270度クランクを採用。リッタークラスとは思えないほど軽くて細身のエンジンを搭載している。

「MOTOR CYCLIST」によると最高出力は94ps。ライバルのBMW「R1200GS」の125psや、KTM「1190 Adventure」の150psには劣るものの、軽さによる操作性の良さは2車を凌ぐと言う。

日本のワインディングや林道などでも、十分扱いやすいボディやパワー特性であることは、期待できそうだ。

2016_crf1000l_africa_twin-dct-abs-

トラコンやDCTなども搭載

2016_crf1000l_africa_twin-dct-abs

新型アフリカツインには、最新の装備も満載だ。

まず、3モードの設定ができるトラクションコントロールを搭載。ABSも、トラコンと連動して3モードの変更が可能だ。スリッパークラッチは標準装備、オプションでDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)モデルも選べる。

このDCTとは、クラッチとシフト操作が不要なATモードと、通常のマニュアル操作(MT)モードが選べるミッションのこと。ATモードには、クルマと同じくDモードとSモードの設定もある。高速道路を使ったロングランではAT、ワインディングやダートではMTなど、状況や好みに応じた設定が可能なのはうれしい。

アメリカでのデリバリーは「MOTOR CYCLIST」によると2016年初頭。国内仕様の発売などはまだ不明だが、前モデルのファンはもちろん、ロングツーリング派などにも待ち遠しいモデルのひとつと言えるだろう。

【関連記事】

ホンダの名車「アフリカ・ツイン」がついに復活

買うなら今だ!トライアンフが3つの特典キャンペーンを実施中!!

トライアンフNEW TIGERシリーズ「Tiger 800 XRT / Tiger 800 XCA」発売

ヤマハYZシリーズ2016モデルに2ストの「YZ250X」が新ラインナップ

乗り物好きがどんなライフハックよりも心に響く名言「枠にはまるな。」

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。