コレはパドックスクーター!ヤマハの新型マジェスティ155とシグナス-Xはスピードブロック採用の限定車!

MOTO GPにパドックスクーターを提供していたヤマハらしく、非常に精悍なスクーターが台数限定で発売されます。

そこで今回は「マジェスティ S XC155」と「シグナス-X XC125SR」の特別限定車をサラっとご紹介しちゃいましょう!

そもそもスピードブロックとは?

パドックスクーターは分からない人は居ないでしょうが、それでは”スピードブロック”って何だかお分かりでしょうか?

スピードブロックとは、四角いブロックの連鎖という基本法則だけでヤマハレーシングチームをイメージさせる、ヤマハのビジュアルアイデンティティのこと。それについて同社公式ウェブサイトにコラムを1本載せるほどの、コダワリのあるグラフィックなのです。

マジェスティ S XC155スペシャルエディション

そんなスピードブロックを採用した軽二輪スクーター「マジェスティ S XC155」の特別限定車が、500台限定で発売されます。

「マジェスティ SXC155」スペシャルエディションは、鮮やかなブルーを基調に”スピードブロック”を配し、レーシングイメージおよび上質かつ俊敏な走行性を表現しました。

標準モデルに対し、

  1. ヤマハレーシングブルーとシルバーのツートンカラー
  2. 「SPECIAL EDITION」専用エンブレム
  3. 精悍なゴールドキャリパー

などを追加しています。

カラーは、ここに掲載したディープパープリッシュブルーメタリックC (ブルー)の1色のみです。

シグナス-X XC125SRスペシャルエディション

続いては、スポーティ感溢れるスタイルと走りの良さで人気の原付2種スクーター「シグナス-X XC125SR」のスペシャルエディション。コチラは700台限定で発売されます。

「シグナス-X XC125SR」スペシャルエディションは、”ダイナミック・シグナス-X”のモデルコンセプトをそのままに、スポーティイメージを強調。ヤマハレーシングのカラーリングとそのアイコン”スピードブロック”をサイドカバー部にあしらいました。

標準モデルに対し、

  1. ヤマハレーシングブルーとシルバーのツートンカラー
  2. 「SPECIAL EDITION」専用エンブレム
  3. 精悍なゴールドキャリパー

などを追加しています。

シグナス-Xも、カラーはここに掲載したディープパープリッシュブルーメタリックC (ブルー)の1色のみです。

気になる価格と発売日は?

大柄なマジェスティも、スピードブロックを配することで軽快に見えるから不思議なものです。シグナス-Xに至っては、ヤマハのパドックスクーターかと思わせるスポーティなイメージに変身していますね!

なお、発売は両モデルともに2017年2月10日からスタートしています。車両本体価格は、「マジェスティ SXC155」スペシャルエディションが36万720円(税込)、「シグナス-X XC125SR」スペシャルエディションが31万8,600円(税込)となっています。

ご興味を持たれた方は、両車ともに台数限定車両ですので、ヤマハ正規販売店へお急ぎください!

参考 – ヤマハ(マジェスティ S XC155」SPECIAL EDITION)ヤマハ(シグナス-X XC125SR」SPECIAL EDITION)ヤマハ(コラムVol.17「ヤマハレーシングチームのシンボル”スピードブロック”グラフィック」
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。