まだ手に入る!ホンダ「モンキー」の当時物パーツ

まだ手に入る!ホンダ「モンキー」の当時物パーツ

モンキーのノーマルホイールは左右2枚がボルトで留められて合わさっているだけ。これでレースに出ようとすると、どうにもこうにも貧弱感がある。

そんな中、オフロード・オンロード問わず、ホイールの強度アップしたいという人に注目アイテムがありますのでご紹介。

まだ手に入る!ホンダ「モンキー」の当時物パーツ

それがオートボーイ製「ホイール強化プレート」です。

素材はアルミ製でドーナツ状の4mm厚の板に4点穴が開いている単純なものですが、これが画期的なんです!

まだ手に入る!ホンダ「モンキー」の当時物パーツ

装着方法はハブの逆側に出ているボルトとナットの間に噛ませるだけ。これによってボルト4本で留められている面圧がプレートの分だけ増えて強度アップするのだ!

もちろん純正の鉄製ホイールのみではなく、純正ハブを使用するタイプであればチューブレスアルミホイールでも強度アップ可能。

まだ手に入る!ホンダ「モンキー」の当時物パーツ

オートボーイさんからかなり前に発売されていて、当時はなんと”特許も取得していた”ほどの”推しアイテム”。今はウェブサイトのパーツ一覧からは姿を消していますが、頼めば出てくる裏メニューとして人知れず存在しているのです!

当時物パーツなどが持てはやされている今、まだ手に入る当時物として手に入れるなら今のうちでしょう。アルマイト仕上げで色はシルバー、レッド、ブルーの3色。3,000円(税別)で、在庫限りで発売中!

モンキーノーマル耐久レースとかも流行っているし、これはさり気無く必須アイテムでしょう!

【関連記事】

小さいけれどハリウッド級!チョイMAXなグースレプリカ

ホンダ「ベンリィSS125」をバンディット9がカスタムすると芸術作品に進化する!

フルカスタムを目指すならシートもワンオフカスタム!オリジナルシートの作り方教えます!!

DEUSだけじゃない!イギリスのバイク×サーフなカスタムショップ「CMBL」

ロシア製ミリタリーバイク「Taurus2」の軽さと走破性がスゴイ!

参考 – オートボーイSS

NANDY小菅

NANDY小菅

各種バイク誌で活躍しているフリーライター。バイクとアニメの探究者で著書に「アニメバイク本」、「ご奉仕大好き! メイド本」など。所有バイクは15台くらい。