Ninjaらしさ全開の高速ツアラー「Ninja 650 ABS&Ninja 650 ABS KRT Edition」の国内販売が開始!

徐々に暖かい日が増えてきましたね! いよいよ2017年のバイクシーズンも幕開けかとソワソワしていたところ……

カワサキがニューモデルの国内販売開始を続々とアナウンスしました。今回は650ccクラスのNinja2台をご紹介しましょう!

Ninja 650 ABS

まずはコチラ! 軽快かつエキサイティングな走りが楽しめる「Ninja 650 ABS」です。シャープでアグレッシブなデザインはNinjaシリーズを象徴するスポーティなイメージを創出します。

パラレルツインエンジンは、低中速回転域で力強い加速とダイレクトなスロットルレスポンスを発揮。ビギナーからベテランまで幅広く親しみやすいマシンキャラクターとなっています。

また、完全新設計のシャーシは軽量なフレームとスイングアームにより、俊敏なハンドリングを実現。

扱いやすく、スポーティでトルクフルなエンジン特性は、普段使いからツーリングまで様々なシチュエーションにおいてその真価を発揮します。

Ninja 650 ABSのディテール

エンジンは、ダイレクトなフィーリングと力強い加速を生む649cc水冷4ストロークパラレルツイン。

軽い操作感とバックトルクリミッター機構を備えたアシスト&スリッパークラッチを搭載しています。


コンパクトなデザインとマスの集中化に貢献するアンダーエンジンマフラーを採用。

軽快なハンドリング特性に貢献する高張力鋼を用いた完全新設計のトレリスフレームとスイングアームを採用。

フロントフォークは、優れたハンドリングと快適性を実現するφ41mmの正立テレスコピック。

フロントブレーキは、デュアルピストンキャリパーとφ300mmのペタルディスクの組み合わせ。

リヤサスペンションは、プリロード調整が可能なホリゾンタルバックリンク式。リアブレーキには、φ220mmのペタルディスクを採用しています。


3段階の高さが調整可能なウインドスクリーン。

15リットルと充分な容量を確保したフューエルタンクを搭載。

コントロール性と快適性を両立した、グリップが高めのセパレートハンドル。

この辺りの装備は、カリカリのスーパースポーツではなく、Ninjaらしい独自の高速ツアラー路線を進んでいるようで好感が持てますね。


洗練されたデザインのスタイリッシュな多機能メーターパネルには、シフトチェンジの正確性を高めるギヤポジションインジケーターと、スポーティな印象を高めるシフトアップインジケーターを搭載。

5段階の調整が可能なクラッチレバーとブレーキレバーを装備。

790mmのシート高は良好な足つき性を実現します。ちなみに、ETC車載器キットも標準装備されています。

このように「Ninja 650 ABS」は、魅力的なスポーツモデル的な外観を有しつつ、高速ツアラーとしての使い勝手を徹底追及したモデルとなっています。快適なツーリングを実現するアクセサリーを多数ラインアップ予定ですので、それらを組み合わせることで、より実用的なモデルとなることでしょう!

Ninja 650 ABS KRT Edition

そしてコチラが、みんな大好きライムグリーンを身にまとう「Ninja 650 ABS KRT Edition」。

スタンダードモデルからの変更点はグラフィック(カラー名はライムグリーン×エボニー GN))のみとなりますが、カワサキ好きならば反射的にコチラを選んでしまいそうですね。

ちなみにスタンダードモデルのカラーは、”メタリックスパークブラック BK19″のみです。

Ninja 650 ABS / KRT Edition の発売日と価格は?

独自の世界観を持ったNinjaらしいモデル「Ninja 650 ABS」「Ninja 650 ABS KRT Edition」、楽しみな発売日は2017年5月15日! ちょっと先ですね、楽しみに待つことにしましょう!

そして大切な車両本体価格ですが……残念ながらまだ未定となっています。ご興味のある方は、カワサキのウェブサイトをチェックしてみてくださいね!

Ninja 650 ABS / KRT Edition のスペック

  • 全長×全幅×全高:2,055×740×1,135mm
  • ホイールベース:1,410mm
  • シート高:790mm
  • 車両重量:193kg
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク並列2気筒 / DOHC4バルブ
  • 総排気量:649cc
  • 内径×行程:83.0×60.0mm
  • 圧縮比:10.8
  • 最高出力:50kW(68PS)/8,000rpm
  • 最大トルク:65N・m(6.6kgf・m)/6,500rpm

参考 – カワサキ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。