間違え探し!カワサキ「Ninja 650 KRT Edition」2018年モデルのグラフィックは前年と何処が違う?

恒例となりつつあるカワサキによる”KRT Edition”攻勢が、2018年モデルでも始まりました!

まずは先陣を切るべく発表されたばかりの「Ninja 650 KRT Edition」の2018年モデルをご紹介しましょう!

2018年モデルではタンクがライムグリーンに!

Ninjaらしさ全開の高速ツアラー「Ninja 650 ABS&Ninja 650 ABS KRT Edition」の国内販売が開始!

「Ninja 650 ABS KRT Edition」の2017年モデルについては、今年3月の記事でご紹介しています。

2018年モデルの変更点はカラーリング&グラフィックのみとのことですので、その点についてご覧いただきましょう。

「Ninja 650 KRT Edition」2018年モデル

コチラが今回発表された2018年モデル。

「Ninja 650 ABS KRT Edtition」2017年モデル

そしてコチラが2017年モデル。余談ですが、当時は正式なモデル名に”ABS”が付されていました。

さて、そのカラー&グラフィックですが、どちらもカラー名は「ライムグリーン×エボニー」なのですが、両車の違いはと言うと……

グラフィック(ストライプの入り方)が結構変わっていますね。

「Ninja 650 KRT Edition」2018年モデル

「Ninja 650 ABS KRT Edition」2017年モデル

また2018年モデルでは”650″というモデル名=排気量を表す数字が加えられています。それと、ガソリンタンクが、エボニーからライムグリーンへと変更されています。

間違い探しと言う割に、パッと見で分かるくらい、全面的にグラフィックが変更されており、思いのほか簡単でしたね……。

「Ninja 650」とは

グラフィック比較はさておき、ベースとされた「Ninja 650」についても簡単におさらいしておきます。

2017年モデルのエンジン

搭載するのは、最高出力50kW(68PS)/ 8,000rpm、最大トルク65N・m(6.6kgf・m)/ 6,500rpmと、実用域で扱いやすく、耐久性にも定評のある650ccパラレルツインエンジン。

低中速回転域で力強い加速とダイレクトなスロットルレスポンスを発揮。ビギナーからベテランまで幅広く親しみやすいキャラクターです。

2017年モデルの車体

そのエンジンを搭載する車体は本モデルのために完全新設計されたもの!軽量な高張力鋼製のトレリスフレームとスイングアームにより、俊敏なハンドリングを実現します。

車両重量193kgと、まずまず軽量な部類です。

足回り&ブレーキもコンベンショナルな仕様ながら、その性能に不足はなく、軽快且つエキサイティングな走りが楽しめるモデルとされています。

発売日と価格が決定!カワサキ「Ninja 650」&「Z650」2018年モデルは名前も微妙に変更!

実は「Ninja 650」のディテールについては過去記事でご紹介していますので、詳細はソチラでご確認ください。

「Ninja 650 KRT Edition」2018年モデルの発売日と価格

「Ninja 650 KRT Edition」2018年モデル

さて、「Ninja 650 KRT Edition」2018年モデルの発売日は、2017年10月1日と発表されました!そして気になる車両本体価格(消費税込み)ですが……82万9,440円。

ベース車両と比較して、わずか2万円程度のアップ。これはお買い得です。欲しい方はカワサキ正規販売店にお問い合わせくださいね!

「Ninja 650 KRT Edition」2018年モデルのスペック

  • 全長×全幅×全高:2,055×740×1,135mm
  • ホイールベース:1,410mm
  • シート高:790mm
  • 車両重量:193kg
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク並列2気筒 / DOHC4バルブ
  • 総排気量:649cc
  • 内径×行程:83.0×60.0mm
  • 圧縮比:10.8
  • 最高出力:50kW(68PS)/ 8,000rpm
  • 最大トルク:65N・m(6.6kgf・m)/ 6,500rpm

参考-カワサキ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。