ニンジャH2Rとマクラーレン・ブガッティ・日産GT-Rの対決!勝ったのは…?

モーターフリークたちの、スピードへの執着は尽きることがありません。ことさら、”対決”などという比較できるモノへの愛は格別です。

今回、「どっちが速いの?」という素朴でありながら奥の深い疑問に答えたのが、アメリカの自動車情報サイト「Super Street Online」。対決させたのは、今話題のカワサキ「Ninja H2R」と世界のスーパーカー、マクラーレン「MP-4 12C」、ブガッティ「ヴェイロン」、日産「GT-R(チューンド)」です。

カワサキ「ニンジャH2R」

ニンジャH2Rとマクラーレン・ブガッティ・日産GT-Rの対決!勝ったのは…?

まずは、3台のクルマと対決する「ニンジャH2R」のおさらいです。

スペックは、スーパーチャージャー付きの998cc水冷4ストローク並列4気筒エンジンを搭載しており、最高出力が310PS(228kW)/14,000rpm、ラムエア加圧時は240kW(326PS)/14,000rpm。

最大トルクは16.8kgf・m(165N・m)/12,500rpmで、車両重量は216kgとなっています。

なお、コースはカリフォルニアの空港内にある滑走路の直線部分1/2マイルを使用し、対決をします。それでは早速、対決を観ていきましょう!

第1戦:ニンジャ H2R vs マクラーレン MP4-12C

<MP4-12Cのスペック>

最高出力:600PS(447kW)/7,000rpm

最大トルク:61.2kgf·m(600N·m)/3,000~7,000rpm

トップスピードはH2Rが315km/h、マクラーレンが260km/hで、ニンジャが圧勝!

最高出力が2倍近くあるマクラーレンなのに、完璧にH2Rの前に屈しました。

第2戦:ニンジャ H2R vs ブガッティ ヴェイロン

<ヴェイロンのスペック>

最高出力:736kW(1,001PS)/6,000rpm

最大トルク:1250N・m(127.5kg・m)/2,200-5,500rpm

トップスピードはH2Rが313km/h、ヴェイロンが290km/hで、ニンジャが辛くも勝利!

最高出力が3倍以上あるヴェイロンでも、H2Rには歯が立ちませんでした。

第3戦:ニンジャ H2R vs 日産 GT-R(チューンド)

イギリスもイタリアも制したニンジャと最後に対決するのが、同じく日本が誇る名車、日産GT-Rです。しかもこちらのGT-Rは、「SP Enginieering」によりドラッグレース仕様にチューンされたモンスターマシンで、最高出力は1350hpと、ちょっと反則気味な仕様となっています。

トップスピードはH2Rが328km/h、GT-Rが335km/hで、ニンジャここに敗れたり!

そりゃそうですよ。さすがにドラッグマシンにはかないませんて!

いかがだったでしょうか。スピードはオトコの夢! オトコのロマンです!

ぜひ続編もやっていただきたいものです。

【関連記事】

ボンネットの下にポルシェ911エンジンを隠し持ったワーゲンバス

ひたすらジーザス・ライドをするハイクオリティーな4K映像作品!

バイク用エアバッグ内蔵ジャケットをBMWとalpinestarsが共同開発

キアヌ・リーブスの手がけるバイク「Arch KRGT-1」が芸術的!

世界の激速ジェットコースターTOP10!ドドンパはまさかの○位だった!!

参考 – Youtube : Kawasaki H2R vs McLaren MP4-12C Supercar – 1/2 Mile Airstrip Race 1Kawasaki H2R vs Bugatti Veyron Supercar – 1/2 Mile Airstrip Race 2Kawasaki H2R vs 1350hp Nissan GTR – 1/2 Mile Airstrip Race 3

画像 – 川崎重工業株式会社 : Ninjya H2RSuper Street Online

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。