近未来を感じさせるフォルムが堪らない!ホンダ「NM4」の2016年モデルが発売開始

ホンダは、「NM4-01」、「NM4-02」の2016年モデルを発表。3月11日(金)から発売を開始した。新モデルではデュアル・クラッチ・トランスミッション(以下DCT)の制御を変更し、マフラーのデザインも変えるという。

変速時のエンジン回転数の制御が変更

DCTの主な変更点は変速時のエンジン回転数だ。Sモードでは、これまでより高いエンジン回転数での変速が可能となり、よりスポーティーな走りを実現した。MTモードではシフトダウン可能回転数の上限を引き上げ、シフト選択の自由度が拡大された。また、ATモードでは道の傾斜に応じた制御が設定され、より適切なシフトタイミングでの変速を実現した。

さらに近未来的なスタイリングに変更

マフラーは、内部構造などを変更。全長の短縮化を図るとともに低周波領域の音を際立たせ、パルス感のある排気音を実現。また、ショートマフラーに合わせ、シャープな形状のマフラーカバーを採用し、さらに近未来的なスタイリングへと変更された。

なお、車体色は従来と同様、マットバリスティックブラックメタリック、パールグレアホワイトと、11色のカラーオーダープランとなっている。

NM4-01(2016年モデル)

マットバリスティックブラックメタリック

パールグレアホワイト

NM4-02(2016年モデル)

マットバリスティックブラックメタリック

パールグレアホワイト

なお、NM4-01の価格は102万600円(税込)、NM4-02は118万2,600円(税込)となっており、両モデル共にカラーオーダープランは税込2万2,000円追加となっている。

NM4-01と02の違いって?

NM4-01と02の相違点は、一番に02のリアボディ左右に内蔵されたユーティリティボックスであろう。その他にも02には、5段階の温度調節が可能なグリップヒーター、左側フロントユーティリティーボックス内にETC車載器が標準装備されている。

つまり、02の方がより実用的なモデルである。ロングツーリングなどには間違いなく02の方がオススメ!

 NM4-01・NM4-02のスペック

全長×全幅×全高:2,380×810×1,170mm

軸距:1,645mm

最低地上高:130mm

シート高:650mm

車両重量:01は245kg、 02は255kg

最小回転半径:3.2m

エンジン型式:水冷4ストローク OHC 4バルブ 直列2気筒

排気量:745cc

内径×行程:77.0×80.0mm

最高出力:40kW(54PS)/ 6,250rpm

最大トルク:68N・m(6.9kgf・m)/ 4,750rpm

燃料タンク容量:11L

変速機形式:電子式6段変速(DCT)

タイヤ:F-120/70ZR18M/C(59W)、R-200/50ZR17M/C(75W)

ブレーキ形式:F&R-油圧式ディスク

カラーオーダープラン

参考 – Honda

上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。