ヤマハ「YZF-R1M」の超精密ペーパークラフトが、もはや芸術の領域に達してる(無料DL可)

ヤマハ発動機のウェブサイト内にペーパークラフトというコーナーがあることをご存知だろうか? 基本的には同社のオートバイのペーパークラフトが多いが、他にも「世界の希少動物」、「日本の希少動物」、四季を表現した「シーズン」など、様々な作品が公開されており、また、そのどれもが無料でダウンロードできる、楽しめるようになっているのだ。

超精密ペーパークラフトの最新作「YZF-R1M」を公開した

そんなペーパークラフトシリーズの中でも、精密度と難易度が高い”超精密ペーパークラフト”の最新作、スーパースポーツのフラッグシップモデル「YZF-R1M」が公開された。超精密シリーズとしては、「MT-01(2006年)」、「VMAX(2009年)」に続く6年振りの新作となる。総パーツ数は911点で、モデル単体としては過去最高の精密度となっている。

超精密ペーパークラフトとは

超精密ペーパークラフトとは、よりリアルにバイクを紙で再現するというもので、精密シリーズとしてリリースしてきたバイクシリーズのさらに上を目指し、実車に近いパーツの作り込みと圧倒的な存在感を示すシリーズなのだ。

お正月休み中にチャレンジしてみては?

精密シリーズでもかなりの難易度だが、その上をいく超精密シリーズの難易度たるや計り知れない。しかし、その分、完成した時の達成感も大きいハズだ。チャレンジした者だけが味わえる満足感をお正月休み中に感じてみてはいかがだろうか?

また、ヤマハ発動機では、ペーパークラフトファンが、自分で組み立てた作品を紹介するギャラリーサイト「みんなのペーパークラフト・ギャラリー」をTumblr内で運営しているので、発表の場にも困らない。至れりつくせりのヤマハ発動機サイトで、冬休みをエンジョイしてみよう!

YZF-R1Mの世界観を表現するプロジェクションマッピング

なお、ダウンロードページでは、制作途中のプロトタイプを使って、YZF-R1Mの世界観を表現するプロジェクションマッピングの映像をアップしているので、製作前にイマジネーションを膨らませるのも一興だろう。

参考 – ヤマハ発動機:ペーパークラフト(無料)、Youtube : YZF-R1M Projection Mapping

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。