ホンダ「CX500」がオーストラリア人ビルダーの手によって極上のカフェレーサーに変身!

世界のカスタムビルダーたちの作り込んだカスタム車両をご紹介するこのコーナー、今回はホンダ「GL500」の海外向けモデル「CX500」のクールなカスタム車輛について紹介したい。

ちなみにこちらがCX500

オーストラリアのPopBang Classicsが手がけた一台

オーストラリアのゴールドコーストにあるカスタムショップ、PopBang Classicsが手がけた「CX500」。ノーマルの状態では、どこかもっさりした印象を受ける「CX500」を、見事なまでにスタイリッシュなカフェレーサーへと仕上げている。

オーナーの注文は、緑でペイントし、可能な限りハイトのあるタイヤを履くことの2点だけだったという。

ガソリンタンクの成形から作業をスタート

ビルダーのジャスティン・ホームズ氏は、まず、「CX500」に合わせてトライアンフ・スラクストンのようなガソリンタンクをグラスファイバーで成形することから作業を始めた。塗料はジャガーなどの、イギリス車を象徴させるブリティッシュレーシンググリーンをチョイスし、ゴールドリーフのピンストライプを施し、さらに木目調のアクセントを取り入れた。

水冷縦置V型2気筒OHVエンジンをオーバーホール

「CX500」の特徴である水冷V型2気筒OHVエンジンも、もはや旧車の領域に達しているため、当然のことながら調子は芳しくなかった。そのため、完全なオーバーホールも施し、新しいクランクとピストンに変更されている。配線も全て引き直し、レザーシートの下などに周到に隠されている。

フロントとリアのスポークを製作

元々、履いていたキャストホイールもカフェレーサースタイルに合わないため、CADを使用し、ウォータージェットでフロントとリアのスポークを製作。可能な限りハイトのあるタイヤを履くという注文に応え、ファイヤーストーンレプリカタイヤを選択。そのため、スイングアームにも加工が施されている。

カフェレーサースタイルを象徴付けるセパレートハンドル

カフェレーサースタイルを象徴付けるセパレートハンドルを採用、グリップは、カスタムメイドのエンドキャップにブルックスブラザーズの革サイクルラップを巻いている。ライトリムやライトガードなど、細かい部位は真鍮で作られ、ビンテージで気品溢れる雰囲気を醸し出している。

余談だが、革サイクルラップのような革巻きグリップは、数年前に名古屋のチョッパー・バイカーを中心に流行し、当時”名古屋グリップ”として人気を博した。

細かいディテールにまでこだわって作られた重厚な一台

かくして完成した「CX500」。走り云々はさておき、細かいディテールにまでこだわって作られた重厚な雰囲気が伝わってくる。

ジャスティン氏は「シンプルかつ、クラシカルで上品なバイクを作るよう心がけている。過剰な装飾は排し、バイク本来が持っているべき姿を与える」と語っている。

オーストラリアのPopBang Classics、興味が湧かずにはいられない、高度なバランス感覚とカスタムセンスを秘めたショップである。

参考 – PopBang ClassicsBikeEXIF

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。