スズキ「RM-Z250」&「RM-Z450」2018年モデルで国内メーカー製モトクロッサーが出揃った!

スズキが4ストロークエンジン搭載モトクロッサーを発表したことで、遂に国内4メーカー製品の2018年モデルが出揃いました!

今回は、国内4メーカー製4ストロークモトクロッサーの2018年モデルを、過去記事を引用する形でササッと復習してみましょう。

ホンダは250ccモデルに新エンジン&チタン製タンクを採用!

新DOHCエンジン&チタン製タンク!ホンダ「CRF250R」2018年モデルがヨーロッパで発表!

ホンダは、250ccモデルに新エンジンを搭載してチタン製ガソリンタンクを装備した「CRF250R」2018年モデルをリリースしました!コレはかなり力が入った入魂の1台と言えましょう。

小型軽量リチウムイオンバッテリーを搭載!ホンダ「CRF450R&RX」の2018年モデルが発表!

一方の450ccモデルは、マイナーチェンジに留められています。それでも、新たに小型軽量リチウムイオンバッテリーを搭載。戦闘力を高めて来ました。

総じて、ホンダの2018年モデルは、力が入っていると言えます。

ヤマハは450ccモデルに新エンジン&新フレームを採用!

新エンジン&新フレームの450に注目!ヤマハのモトクロッサー「YZ」シリーズの2018年モデルが発表!

対するヤマハは、250ccモデルはカラー&グラフィック変更のみでしたが、450ccモデルの「YZ450F」に新エンジン&新フレームを採用!コチラも入魂の1台です。

同車の新機能で面白いのが、スマートフォンで極め細かいエンジンセッティングを可能とする新パワーチューナー。ユーザーの好みやコース状況に応じてエンジンセッティングできるのがパワーチューナーが、2018年モデルでは専用アプリをダウンロードしたスマートフォンでセッティング操作可能なシステムとされていました。

カワサキは250ccモデルがマイナーチェンジ!

65~450ccまでカワサキ「KX」シリーズの2018年モデル6車種を一挙公開!

一方、カワサキは「KX250F」のみがマイナーチェンジを受けていました。

  • フューエルポンプ燃圧変更
  • インジェクター搭載角度変更
  • フューエルインジェクションセッティング最適化
  • 吸気ダクト形状変更及びファンネル管長短縮
  • 吸気バルブタイミング進角
  • 圧縮比最適化
  • エキゾーストパイプ大径化及び管長延長

など、エンジンを中心として、サスペンション・セッティングも変更されていました。

スズキの4ストローク・モトクロッサーは……

RM-Z450 2018年モデル

今回、国内4メーカー2018年モデルのトリを務める形で発表されたのが、スズキの4ストローク・モトクロッサー「RM-Z450」と……

RM-Z250 2018年モデル

250ccモデル「RM-Z250」の2車種。今年こそモデルチェンジを受けているでは、と楽しみにされていた方もいらっしゃるかと思いますが、前年ながら今回はカラー&グラフィックの変更のみです。

車両本体価格(消費税込み)は、「RM-Z250」が74万5,200円、「RM-Z450」が90万7,200円とされています。

ご興味を持たれた方は、過去記事のリンクから、詳細を覗いてみて下さいね!

参考-スズキ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。