ミルウォーキー8搭載!ハーレーの新モデル「ROAD KING SPECIAL」が発表されたぞ!

昨秋、ハーレーの新エンジン「MILWAUKEE-EIGHT®」が発表されて話題を呼びました。ピークトルクが約10%向上、4バルブシリンダーの採用による吸排気効率の向上など、現代的エンジンに仕上げられていました。

そんな「MILWAUKEE-EIGHT®」を搭載したニューモデル「Road King Special」が発表されましたので、ご紹介しましょう!

Road King Special

コチラがその「Road King Special」。ヘッドライトナセル、フロントフォーク、新型タロンホイールから、MILWAUKEE-EIGHT® 107エンジン、エキゾーストに至るまでブラックアウト仕上げが施されています。

新型ミニエイプハンドルバーを搭載し、腕を前方に上げるアップライトポジションを実現しています。ロープロファイル仕様のストレッチサドルバッグを装備しています。

「Road King」に標準装備される大型スクリーンは、デザイン性を優先する本モデルでは未装備です。

MILWAUKEE-EIGHT® 107エンジン

注目のMILWAUKEE-EIGHT® 107エンジンは、旧モデルと比較して、更なるハイパワーと鋭い加速を実現しながらも、振動と熱を抑えています。

シリンダー当たり4バルブ、シングルチェーン駆動のカム、デュアルスパークプラグ、カウンターバランサーの装備と、事前に発表された通りです。

コダワリのバガースタイル!

ハーレーのお家芸、美しい「バガースタイル」を実現するため、サドルバッグとリアフェンダーの空間がパネルで埋められています。

また、ライセンスプレートモジュールが低くセットされ、ロー&ロングのシルエットを実現しています。

新ホイールの採用と快適な前後サスペンション

新デザインの19インチタービンキャストアルミホイールを装備しています。

またパフォーマンスが向上した新エンジンに合わせて、新設計されたフロントフォークと、リアショックにも油圧式スプリングプリロード調整機構を搭載しています。

Road King Specialのカラーラインアップ

カラーラインアップは、ここまでに掲載してきた”オリーブゴールド”のほか、この”チャコールデニム”、他に(残念ながら写真はありませんが)”ビビッドブラック”と”HCホットロッドレッドフレーク”の4色になります。

気になる価格は?

魅力的なバガースタイルを採用した「Road King Special」の車両本体価格(消費税込)は、

  • オリーブゴールド / チャコールデニム:313万3,900円
  • ビビッドブラック:308万7,400円
  • HCホットロッドレッドフレーク:337万8,400円

となっています。

既にハーレーダビッドソン・ジャパンのウェブサイトに詳細が掲載されていますので、ご興味を持たれた方は是非ご覧くださいね!

Road King Specialのスペック

  • 全長×全幅×全高:2,420 × – × – mm
  • ホイールベース:1,625mm
  • シート高:695mm
  • 車両重量:355kg
  • エンジン種類 / 弁方式:空冷4ストロークV型2気筒 / OHV4バルブ
  • 総排気量:1,745cc
  • 圧縮比:10.0
  • 最大トルク:111.4 ft-lb/ 3,250rpm

参考-ハーレーダビッドソン・ジャパン
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。