ハーレー乗りに大人気!ローランドサンズ・デザインが新ホイールを作るとこうなる!

アメリカ二輪界の大御所、ローランド・サンズがリリースした新ホイールが堪らなくレーシーで美しいので、ご紹介しましょう!

フラットトラック・レースホイール

こちらが今回リリースされた最新モデルの「フラットトラック・レースホイール」になります。

製造はPerformance Machine(以下PM)がアメリカ本国で行うMade in the U.S.。鍛造アルミをCNC加工により削り出しています。

実はこのホイール、先日ご紹介したIndianのワークス・フラットトレック・レーサー「Scout FTR750」も採用する逸品です。

前後ホイールセットが649ドル(約6万7,000円)。

それに合わせるハブキットは、フロントが200ドル(約2万800円)、リアが400ドル(約4万1,600円)となっています。ハーレー「XR750」、「XG750R」のほか、カワサキ、ヤマハの一部モデルにも対応します。

残念ながらレース専用品とのことですが、この美しさ、ショーモデルなどにいかがでしょうか?

ローランドサンズ・デザインとは

(今さらですが)ローランドサンズ・デザインとは、アメリカ西海岸生まれのカスタムビルダーであり元レーサー、そしてPM創業者を父に持つ、二輪界のサラブレッドともいえる”ローランド・サンズ”氏が主宰するブランドです。

AMA250GP元チャンピオンという実績をベースにしたハイパフォーマンスパーツを開発、それらを組み込んだ斬新なカスタムバイク制作で知られています。当サイトでも、BMW Motorradのためにローランドサンズ・デザインが製作したコンセプトモデルなど、多数紹介していますよね。

そのほかにも、グッズからアパレルまで幅広く手掛ける、アメリカ二輪界を牽引するブランドに成長しています。

Indianワークスレーサーも採用するローランドサイズ・デザインの新しいホイール。カスタムに使ってみたいという方も少なくないのでは?

参考 – Roland Sands Design
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。