安全性だけでなくファッション性も重要なのでは!?「二輪車安全運転推進運動」開催!

一般社団法人 「日本二輪車普及安全協会」は、秋の全国交通安全運動に連動して9月11日から9月30日までの20日間、自動二輪車及び原動機付自転車を利用する人々の安全と快適な二輪車社会を目指し、「二輪車安全運転推進運動」を実施すると発表しました。

日本二輪車普及安全協会とは

日本二輪車普及安全協会は、バイクライフのあらゆる場面で、より安全で安心、便利で快適なバイクの環境をつくりだすために発足した一般社団法人で、バイクの製造メーカー、卸販売業者、関連団体などで構成されています。

安全で快適なバイクライフを過ごせる社会を目指し、市街地駐車場や公正な取引環境の整備、安全運転や防犯システムの促進などの施策を実行し、乗っても観ても楽しい二輪車の魅力を訴求するといった、ユーザーの支援を行う団体になります。

二輪車安全運転推進運動

今回、行なわれるという「二輪車安全運転推進運動」とは、バイクの交通事故防止や、盗難予防及び被害早期回復を図りつつ、二輪車安全運転推進運動を実施するというものです。今年は「交通ルールの遵守・マナーアップ」を重点とした安全運転の指導となります。

具体的には…

  • あごひも、しっかり締める(指一本入る程度)。ヘルメットを正しく着用していないため、衝突時にヘルメットが脱落して、頭部損傷で死亡にいたるケースが多発していることから、あごひもをしっかり締めることの重要さを指導啓発します。
  • 胸部プロテクター着用で胸部・腹部をガードする。二輪車乗車中の死亡事故防止のためプロテクターの着用の効用と重要性について指導し推奨します。

グッドライダーミーティング開催

さらに、バイカーに対する、安全運転技能向上を目的とした参加体験型の安全運転講習会「グッドライダーミーティング」を開催します。街頭における車両点検指導を通し、整備不良・不正改造車・自賠責付保のチェック及び復元指導等を推進する街頭点検指導活動や店頭個別安全指導活動を実施するとのことです。

ファッション性も重要では?

Hyod chest protector

なるほど、ヘルメットのあごひもをシメるのは重要ですし、転倒した際にも胸部プロテクターを装着していれば、ケガのリスクを最小限に抑えられるということですね。

ヘルメットの正しい着用は良しとしても、やはり胸部プロテクターは抵抗がある方も多いでしょう。もっとさりげなく着こなせる胸部プロテクターや、デザイン性にも優れたプロテクターがあれば、自然と着用率も上がるのかもしれません。

単純に安全性だけ見たら確かに正論なのですが、バイクに対しての負のイメージや、正統派バイカーに対してダサいと感じる風潮などなど、意外と根が深い問題なのかもしれません。皆さんはどうお考えでしょうか?

参考 –  一般社団法人日本二輪車普及安全協会

上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。