市販化の前兆!「Scout FTR 1200 Custom」は公道用Vツインエンジン搭載のストリートトラッカー!

アメリカン・モータースポーツと言えば、バイク好きの方なら”フラットトラック・レース”を思い浮かべるのではないでしょうか?

市販希望!Indianが完全新設計のレーサー「Scout FTR750」でフラットトラックに復帰!

紆余曲折を経て近年すっかり復活を果たしたアメリカ最古のモーターサイクル・メーカーである”Indian”も、フラットトラック・レースに復帰。即、旋風を巻き起こしていますが……

「Scout FTR 1200 Custom」が発表された!

なんと!今秋開催されたミラノショー2017(EICMA)にて、ご覧の「Scout FTR 1200 Custom」が発表されたのです。

何はともあれ、同社レーサー「Scout FTR 750」譲りのフラットトラック・スタイルのエクステリアに目を奪われます。

フラットトラック・レーサーそのもの、といったデザインのタンク&シートカウルをはじめ、フォークカバー&フェンダーはカーボンファイバー製。

キャストホイールのデザインも完全に「FTR 750」を模したものとされています。

様式美に従って右2本出しとされたエグゾーストは”S&S”製を装備しています。

が、それより何より注目したいのは、本モデルのエンジンが市販車「Scout」用の1,133cc水冷Vツインである点にあります。

海外情報サイトによりますと、Indian本社のマーケティング担当役員が「本モデルの市販化が一つのゴールである」と言ったとか。

それを裏付けるかのように、本車両はご覧のように、ヘッドライトを装備しています。今のところ公式リリースでの市販化は明言されていませんが、同社ウェブサイトには……

「FTR 750」にインスパイアされた「Scout FTR 1200 Custom」は、公道走行可能なトラッカーがどう見えるかの探求である

との文字が踊ります!

ということで、今のところ(公式には)多くは語られていない「Scout FTR 1200 Custom」ですが、とにもかくにも、このカッコ良さに惹かれる方は少なくないことでしょう。

それでは最後に動画をどうぞ!

正直にカミングアウトしますと、筆者は恐ろしくてリッター超のバイクで公道ズリズリなんて出来ないのでありますが、こんな本格派ルックのストリートトラッカーが市販されたら……ストリートを走りたいと思います。

参考-インディアン(グローバル)、YouTube; Scout FTR1200 Custom – Indian Motorcycle
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。