ドゥカティ「スクランブラー」をさらにオフロード仕様にするとこうなる!

ドゥカティ本社のPVより、同社のスクランブラーをベースにした2モデルの登場が予告されておりましたが、一台は「スクランブラー・カフェレーサー」でした。

そして今回は、もう一台のオフロードモデル「スクランブラー・デザートスレッド」をご紹介しましょう。

Scrambler Desert Sled

こちらが正式発表された「スクランブラー・デザートスレッド」。ベース車両は言うまでもありませんね。人気モデル「スクランブラー」です。

ベース車両のクラシカルなテイストを踏襲しているため、ライダーはラフなスタイルが良く似合いそうですが、それでいて機能性を高めることで、ガシガシとオフロードを楽しめるモデルに仕上げています。

エンジンはベース車両と同じ803cc L型ツイン。フレームはオフロード走行に備えて補強されている模様です(フレーム補強の詳細は不明)。

Desert Sledの名に恥じぬ機能性

ベース車両と同デザインのガソリンタンク。サイドのラインがクラシカルなイメージを醸し出します。

クロスバー付きのアルミ製ハンドルバーを採用しており、ハードな走りも想定しています。

倒立タイプのフロントフォークはカヤバ製。シルエットが足長となり本格的(なイメージ)です。フロントフェンダーも大型かつアップタイプとされています。

全体的に70~80年代のオフローダーを想起させるデザインです。ライトにはストーンガードを装着。よく見ると、スクランブラーのアイコンでもある”X”状のデザインですね。

リアショックも、フロントと同じくカヤバ製です。

日本でも発売されるぞ!

カラーラインアップは(ヤマハ「XT500」とみまがうような)ホワイトとレッドの2色が公開されています。そして、何とこの魅力的なモデルは日本でも発売されるのです!

すでにドゥカティ・ジャパンのウェブサイトにも掲載されており、車両本体価格はレッドが135万4,000円、ホワイトが137万2,000円(共に税込)となっています。

オシャレに、しかしガシガシとオフを走る!

この「スクランブラー・デザートスレッド」、各部の造りや排気量、それに車両重量からもわかる通り本格的なオフロードモデルではありません。写真のように、オシャレに(しかし少しハードに)オフロードを楽しめるといった性格のモデルです。

願わくばこんな車両を1台ガレージに置いておきたい!そう思わせてくれる魅力的なモデルです!

スクランブラー・デザートスレッドのスペック

  • 全長×全幅×全高:2,200×940×1,213mm
  • ホイールベース:1,505mm
  • シート高:860mm(ローシートオプションは840mm)
  • 車両重量:207kg
  • エンジン種類 / 弁方式:空冷4ストロークL型2気筒 / デスモドロミック2バルブ
  • 総排気量:803cc
  • 内径×行程: 88.0×66.0mm
  • 圧縮比: 11.0
  • 最高出力:72hp(54 kW)/ 8,250rpm(日本仕様)
  • 最大トルク:67Nm(6.8 kgm)/ 5,750rpm(日本仕様)

参考 – Ducati Scrambler
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。