【画像ギャラリー】SEMAショー2015イベントレポート【バイク編】

アメリカはラスベガスで、2015年11月3日(火)〜11月6日(金)まで開催されていた、アフターパーツマーケットのトレードショー「SEMAショー」。2,000を超える企業が出展する世界最大級のショーのひとつだ。

そのSEMAショーにfor Ride編集部が視察に行ってきたので、数回に分けて画像ギャラリー形式でレポートしていきたい。

今回は、SEMAショー2015イベントレポート「バイク編」だ!

バイクはやはりハーレーが多い!

sema-b24

アメリカで開催されるイベントのため、バイク関連ではやはりハーレー率が非常に高かった。

sema-b21

ハーレー・ツインカムエンジン用のスーパーチャージャー。

ドラッグレースなどで使用されるパーツで公道ではまず必要ないのだが、このメカニカルな形状はかっこいい!

sema-b22

以前こちらの記事でも紹介した、カンザス州にあるモペッドメーカー「MOTOPED(モトペッド)」も出展していた。

sema-b19

BMWモトラッドのブースでは、バーチャルライドが体験できた。

体験者はエキサイティングな光景を楽しんでいるのだが、客観的に見るとかなりヤバイ人に見える…。

sema-b06

日本からは、群馬県に店舗を構えるトライク専門カスタムショップ「GORDON(ゴードン)」が出展していた!

SEMAショーで日本企業のブースがあると、妙に親近感がわき、無条件で応援したくなってしまう。

sema-b28

そんなゴードンは屋外でも目立っていた。ブースでもお客さんが途絶えることはなく、質問攻めにあっていたので、”ジャパン・メイド”として十分に爪跡が残せたのではないだろうか。

forRide編集部

forRide編集部

乗り物(Ride)を軸としたライフスタイル提案型の情報を発信する「フォーライド編集部」です。 乗り物のある生活、楽しみ方を提案し続けます!