防寒性にもライディング的にも優れた、ライダー向けの防寒ソックスとは?

前回は手首の防寒用「リストゲーター」をご紹介させて頂きましたが、今回は足元の防寒です。

足の防寒はなかなか難しいのですが、厚手の靴下を履くことでかなり軽減できるのは皆さんもご存じの通り。ただ、より効果的なソックスがあるのです。

厚手のソックスよりライディングを考えれば上を行く「SNOMAN ウィンター用防寒ソックス」

筆者が通常使っているのは一般的なオフロード用のソックス。厚みもあり、膝ぐらいまでサポート出来て厚いので重宝します。

でも、ライディングを考えればこちらの方が上を行くかなと。それが「SNOMAN ウィンター用防寒ソックス」です。

「極寒耐久」で防寒ソックスの実力を検証

今回は筑波コース1000で開催されるオートボーイさんの年初めイベント、その名も「極寒耐久」で、SNOMAN ウィンター用防寒ソックスの実力をを検証してみることにしました。もちろん、手首側はリストゲーターを装着です。

5本指ソックスに近いコントロール効果を確認

まず装着時にツナギがスルっと入るリストゲーターに少し感動。着たり脱いだりが抜群にしやすくなりました。そしてSNOMAN ウィンター用防寒ソックスの方は、今まで使用していたオフロードソックスとは厚みはさほど違わないのですが、走ってみたところ、先割れ式の2本指「ピギー」タイプになっているためフットコントロール性が増してます。5本指ソックスの時の脱ぎ履きの煩わしさはないのに、5本指ソックスに近いコントロール効果があります。それでいて価格はブランドのオフロードソックスより安価なのですから言うことなしです。

どうやら元はスノーボード用ソックスとのことで、それをバイクに転用しているそうです。それならコントロール性にも合点が行くというものですね。

冬場のツーリングが劇的に変わる!

土踏まずから膝下へ向かって段階的に圧力をかけることで、むくみ防止や疲労の軽減効果UP。更に素材には吸汗速乾性と抗菌加工のドラロンを使用。これ一本で冬場のツーリングが劇的に変わってくるでしょう!

足が暖かければロングツーリング時の疲労も軽減できますよ。

SNOMAN スノーマン コンプレッションSOX PIGGY BLACKver 2本指ソックス スノーボート 冬用靴下 (【S】22.5-25.5cm)

品名:SNOMAN ウィンター用防寒ソックス

品番SM-CF4PCB-

サイズ【S】22.5-25.5cm/【L】26.0-28.0cm

税込価格2,268円

参考 – ファインバレイ

NANDY小菅

NANDY小菅

各種バイク誌で活躍しているフリーライター。バイクとアニメの探究者で著書に「アニメバイク本」、「ご奉仕大好き! メイド本」など。所有バイクは15台くらい。