「SORA Electric Superbike」はバイク界の「テスラ」になれるのか?

プレミアムな電気自動車と言えば「TESLA」あたりが頭をよぎる方が多いと思いますが、プレミアムな電動バイクで連想するメーカーってありますか? まだ「TESLA」のようには認知度はありませんが、それを目指しているメーカーがあります。

それが今回紹介するカナダのメーカーLito Green Motionが製造する「SORA Electric Superbike」です。

「SORA Electric Superbike」

s_Sora04

s_Sora08

s_Sora05

高級感溢れる外装一式は、ハイエンドモデルのお約束と言えるカーボン製です。キーレススタートシステムを採用しており、一般のオートバイで言うガソリンタンク部分はカードキーの差し込みと収納スペースになっています。フレームはアルミ製(6061-T6材)です。

s_Sora06

s_Sora02

s_Sora03

フロントは43mm倒立フルアジャスタブル、リアは片持ちとなっており(アームはアルミ製)、リアサスペンションには”Elka”のフルアジャスタブルを採用。ブレーキは前後”Beringer”です。

最大トルク90Nmを発揮する強力なモーターを搭載

lito-sora-electric-superbike-hits-the-streets-price-announced-photo-galleryvideo_8

lito-sora-electric-superbike-hits-the-streets-price-announced-photo-galleryvideo_5

心臓部と言えるモーター&バッテリーを見てみましょう。エンジンがあるべき所にリチウムポリマーバッテリーが搭載され、強力なトルクが自慢のモーターは最大トルク90Nmを発揮。急速充電時のバッテリー充電時間は3時間です。回生ブレーキ機能を搭載しています。ファイナルドライブはベルト式で変速はCVTとなっています。

lito-sora-electric-superbike-hits-the-streets-price-announced-photo-galleryvideo_10

電動でシート高を調節できる独自の機能を搭載しているのも、電動バイクらしいところです。750~850mmに無段階で設定できます。

ホイールベースは1,498mmとコンパクトですが、車両重量は260kgとヘビー級。最高速度は時速190km、航続距離は走行条件によりますが、最大200kmとなっています。

それでは最後に動画をご覧いただきましょう。

いかがでしたか? 価格は7万7,000ドル(約850万円)からと、私たち一般人にとっては非常に高価ですが、同社のFacebookページをご覧いただくと、世界中の裕福な方々が購入し、プレミアム電動バイクのライディングを楽しんでいる様子が伺えます。

世界最高峰のプレミアム電動バイクを目指す「SORA Electric Superbike」。筆者が購入できる見込みは全くありませんが、その存在意義は大いにあると感じます。新ジャンルを開拓する製品は、「TESLA」のようにハイエンド・モデルから始まると思われるからです。

本車両の課題は明白で、航続距離の短さですね。それが300km、400kmと伸びてきたとき、プレミアム電動バイクとして、より浸透するのではと感じています。

参考 – SORA Electric SuperbikeSORA by LITO

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。