メガネ、腕時計、スプーン…様々な材料で作られたバイク模型が秀逸!

以前、レゴブロックでクルマを作ってしまったレゴ・フリークが話題になりましたが、まだまだ世の中には、変わった材料を元に何かを作り上げてしまうアーティストが数多くいます。

今回は、メガネ、スプーン、腕時計を元に、バイク模型を作ってしまったアーティストをご紹介いたします。

スプーンバイク!

アメリカのアーティストJim Rice氏がバイク模型の材料に選んだのは、なんとスプーン!

メガネ、腕時計、スプーン…様々な材料で作られたバイク模型が秀逸!

ちょっと「ゼロスタイル」を意識したようなフォルムももかっこいいです。

メガネ、腕時計、スプーン…様々な材料で作られたバイク模型が秀逸!

こちらはプライマリー側。エンジンのフィン部分には、エレガントなスプーンの持ち手部分を使用してます。

メガネ、腕時計、スプーン…様々な材料で作られたバイク模型が秀逸!

こちらはもう一台。

メガネ、腕時計、スプーン…様々な材料で作られたバイク模型が秀逸!

ヘッドライトの形状も実に巧妙です。

メガネ、腕時計、スプーン…様々な材料で作られたバイク模型が秀逸!

サイレンサーはスプーンを潰して丸めて作ってますね。

ちなみにこれらの作品は、WEBストアで通販可能ですが、1作品約55万円とかなり高額です。

続きまして腕時計を材料にしたバイク模型

ブラジル人アーティストのJose Geraldo Reis Pfau氏が、バイク模型の材料に選んだのは古い腕時計。

これらの作品の材料は、腕時計屋を営む友人から譲り受けているとのこと。

メガネ、腕時計、スプーン…様々な材料で作られたバイク模型が秀逸!

どこかで見たことのあるベゼルですね。

メガネ、腕時計、スプーン…様々な材料で作られたバイク模型が秀逸!

どこのパーツを使っているのかわからないものもありますね。

メガネ、腕時計、スプーン…様々な材料で作られたバイク模型が秀逸!

レザー素材のベルトをシートの材料にしてます。

メガネ、腕時計、スプーン…様々な材料で作られたバイク模型が秀逸!

ツアラーっぽい形状ですね。スクリーン部分はどの部分を用いたのか気になります。

メガネ、腕時計、スプーン…様々な材料で作られたバイク模型が秀逸!

タイヤが歪んでしまっていると、少々違和感があります。

メガネ、腕時計、スプーン…様々な材料で作られたバイク模型が秀逸!

スクランブラーのような形状のバイク模型もあります。これはちょっと欲しい!

これらの作品は、ブラジル国内の宝石フェアやアート作品の展示会などで展示しているようです。

さらにメガネバイクもある!

メガネ、腕時計、スプーン…様々な材料で作られたバイク模型が秀逸!

上記の腕時計を用いたバイク模型と同様の作者が、メガネを使ったバイク模型も作っています。

しかし、腕時計よりもだいぶ完成度が低く感じます。

メガネ、腕時計、スプーン…様々な材料で作られたバイク模型が秀逸!

メガネ、腕時計、スプーン…様々な材料で作られたバイク模型が秀逸!

これら2つも、フロントフォークとハンドルが無ければ、何がなんだかわかりません。

いかがだったでしょうか。実に様々な材料を用いて作品を作り上げるアーティストがいますね。

来年あたりには、使わなくなった”ガラケー”を用いたアート作品が出てきてもおかしくありませんね。

【関連記事】

これどうやって作るの?鉛筆彫刻というミクロの世界

2分で学ぶ!大衆アートムーヴメント「ローブローアート」とは?

ドローンを駆使して軍艦島を空撮したMVが胸アツすぎる!

“ラットフィンク”の生みの親”エド・ロス”を3分で知る(1/3)【ビルダー時代編】

町は生きている【for Rideコラム】

参考 – EverlastingSpoonfulODDITYCENTRAL : The Wristwatch Motorcycles of Jose Geraldo Reis Pfau

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。